TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

80年前の座卓

お母様がご婚礼時にお嫁入り道具として持参された「座卓」の
リフォームについてのお問い合わせがあり、早速見てきました。

材質は紫檀、黒檀などの唐木とは違い、
とはいうもののすべて無垢材であり、日本の材料を使用しています。

当時は漆塗りだったのでしょうが、今回はウレタン塗装仕上げで行う予定です。
サイズは幅850×奥行750×高330㎜とコンパクトなので、座卓以外として
リビングルームのセンターテーブルとしても利用できます。

現在ではあまりないレトロチックなアンティークデザインです。

ご用命いただき、仕上がりましたらリフォーム後の状態をご報告します。

    

Comments

Leave a Reply