TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

「20-15」と「24-20」は違います

食器棚用金具の商品名が「RABBIT 20-15」の記号があります。「RABBIT 24-20」と同じものですか

安田屋家具店からの返信
お問い合わせの「アングル丁番金具RABBIT 20-15」と「アングル丁番金具RABBIT 24-20」は、まったくサイズが違う金具となりますので、同じ金具ではありません。「アングル丁番金具RABBIT 20-15」とは、食器戸棚の扉厚が20㎜、家具側板の厚みが15㎜に使用される金具です。

20-15

20-15-1

20-15-gb3

「アングル丁番金具RABBIT 24-20」とは、食器戸棚の扉厚が24㎜、家具側板の厚みが20㎜に使用される金具です。

24-20

24-20-1

24-20se31

したがいまして違う金具となりますので、取替えはできません。金具を取り替えられる場合は、現在の金具と同じサイズである「20-15」サイズの金具をお買い求め下さい。尚、当店が販売しているアングル丁番金具はRABBIT製の金具ですので、簡単に取り替えることができます。尚、1枚の扉に新旧の金具が混在すると金具の耐久性が 落ちますので、取り替えられるときは必ず1枚の扉についている金具を同時に取替えてください。 金具は1個税込450円です。金具の色は「こげ茶色」と「ゴールド色」の2色ありますのでご指定下さい。

1月 28, 2014 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply