TOPページ »家具リフォーム・修理 » 古い民芸家具リフォーム » この記事

古民家具の扉取付修理

桐無垢材で作られた茶棚の扉が外れてしまったと安田屋家具店実店舗に持込まれました。

s-IMG_1117

お客様を担当したスタッフは、扉の取り付けは恐らく倹飩式(ケンドン式)となっていると考えた。けんどん式(倹飩式)とは、家具の戸の取り付け方法のひとつで、家具本体の上下に溝をつけ、戸や蓋を上げ落としに建て込む方式。慳貪とも書きます。

s-IMG_1118 s-IMG_1119

しかし家具を観察した四代目は直感的に「けんどん式(倹飩式)ではない」と考えた。なぜなら扉の上下に余裕がなく、扉を持ち上げて溝や穴に入れ込むなんてことはできないと見極めたからです。

まずは扉の取り付け方法を確認します。
扉の下にある引き出しを抜き、上下の棚板を確認します。
するとやはりありました。

s-IMG_1120

貫通した穴が開いているのを発見。さらに扉の上部を見てみると、ちょうつがいの代わりとなる棒を入れるための穴が開いています。

これで扉取り付けの構造がわかりました。
まずは扉取り付け上部の家具の棚板に開いている穴の深さを確認します。その深さよりもすこし短い穴の直径と同じ丸棒を用意します。

s-IMG_1124

s-IMG_1125

そして扉上部の木口に開いている穴に、同じ直径の丸棒を入れます。

s-IMG_1121

s-IMG_1126

s-IMG_1127

長くなりそうなので、この続きはまた明日。

8月 22, 2014 · Posted in 古い民芸家具リフォーム  
    

Comments

One Response to “古民家具の扉取付修理”

  1. […] 古民家具の扉取り付け修理作業の続きです。前回の内容は コチラ をご覧ください。 […]

Leave a Reply