TOPページ »家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

30年前の金具

一般的な形状とは異なるアングル丁番金具に関してのお問い合わせがあった。

福井県のM様より
30年前の丁番金具が破損しましたので、アングル蝶番について問い合わせさせていただきます。このような商品はあるでしょうか? あるいは代用品でもかまいません。

s-CIMG7702

s-CIMG7704

s-CIMG7703

s-CIMG7705

安田屋家具店からの返信
どこかで見たことがあるような金具だと思い、家具金具のカタログや金具屋の大将に探してもらいましたが、残念ながら代替品も含めて見つけることができませんでした。お役に立てず申し訳ありません。

一般的なアングル丁番金具もそうですが、新しい金具が出現して、多くの家具に新しい金具が採用されると、瞬く間に古い金具は生産中止に追い込まれます。アングル丁番金具がスライド丁番金具に替わってしまったのもそうです。新しい金具は当然改良されるて。以前よりも優れた金具になっているわけなので、移り変わっていくのは仕方がないことです。

でも、大量に出回った古い金具の修理取替分、または代替品を必ず用意していくことが、金具工場の役割だと考えます。そうすることで粗大ゴミになってしまう家具を減らし、持続可能な循環型社会ができるんだと四代目は思います。しかし、現実的には利益を生まない古い金具の生産は直ぐに止めてしまうんです。

この金具さえあれば簡単に修理できるのに・・・・、
そう思うことが家具に限らず、いろんな製品で出くわすことが多々ありますよね。この部品さえあれば・・・・。

金具工場の立場になれば、売れない金具をいつまでも作ることは当然しないわけで、仕方のないことです。修理相談の経験から、金具の場合、20年~30年ほどで破損する場合が多いですから、30年ほどは代替金具を用意していただくなんてことは金具工場の経営者さん、お考えいただけないでしょうか。資源の乏しい日本なのに、これほど多くの粗大ごみが毎日生まれている現代、大量消費を見直す時期だと思うんですけどねぇ。

M様からご返事がありました。
ご丁寧なお返事ありがとうございました。
三十年前のものなので諦めます。
お手数おかけいたしました。

 

5月 27, 2016 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply