TOPページ »家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

横長丁番

岐阜市のお客様から洋服たんすの扉丁番についてのご相談があった。

岐阜市 A様より
はじめまして。
岐阜市在住のものですので、お店は以前より存じ上げておりますが、「丁番」と「家具修理」から安田屋家具店様のホームページを見つけました。

約35年前の洋服ダンスの「全かぶせ」の扉に、添付写真の「ミシン丁番」のような物が使われていますが、経年で破損しはじめております。(なお、このタンスの扉と側板の厚みは「30ミリ」あります。) そこで、お尋ねがいくつかございます。

IMGP4475(1)

IMGP4476(1)

1.安田屋家具店様で、写真のような丁番は、お取り扱い、あるいはお取り寄せ は可能でしょうか? 類似する大きさのものでも結構です。

IMGP4477(1)

IMGP4478(1)

2.この入手が難しい場合には、スライド丁番、またはアングル丁番への付け替え を考える必要があるようですが・・・。

スライド丁番で、30ミリ厚扉に適合するものがあることはネットで発見したのですが、取り付けには、扉に40カップのホールを掘る必要があるようです。 (ネットで見つけた製品は「LAMP H230-26/C26-T 全かぶせ 40カップ」と いうものです。)

タンスの扉をはずすことはできますので、これを安田屋様に持ち込ませて いただき、 ホールを掘って適合するスライド丁番の金具を取り付けて
いただく加工は、可能でしょうか?  (スライド丁番の座金については、自分で側板に取り付け調整するつもりです。)

その場合の加工の料金は、いかほどかかるものでしょうか?

またアングル丁番については、お取り扱いの「24ミリ-24ミリ」のものが最大の ようですが、これを使って取り換えることは難しいですか?

素人のお尋ねで恐縮ですが、よろしくお願い申し上げます。

安田屋家具店からの返信
破損した金具は、大阪にあった「木村新」という金具工場が生産した金具です。残念ながらすでにこの工場は廃業したため、まったく同じ金具は現存していません。また現在この金具の需要がほとんど無いことから他の工場での生産もしていませんでした。

お調べしたところ、材質の違う金具で形状が同じタイプの金具が、金具工場にわずかながら在庫として残っていました。写真とサイズ図をご確認ください。金具の色は「ゴールド色」です。

s-IMG_5457

s-IMG_5459

s-IMG_5458

全長は87mm、幅は35mm、厚みは2.8mmです。
金具の長い部分の長さは60.5mm、円筒形部分が6mm、短い部分が20.5mmです。

横長丁番

破損した金具は「亜鉛合金」ですが、在庫として残っているのは「真鍮」素材となります。そのため金具色は「ゴールド色」となります。

破損した金具とサイズが同じであれば簡単に取り替えられます。
金具は1個税込み2,500円程度です。
在庫数はあまりないとのことなので、必要数をご連絡いただければ在庫の有無を確認してご返信させていただきます。

金具のサイズが大きく違う場合は、スライド丁番金具に取り替える方法があります。その場合、扉の穴加工、現在の金具が取り付いている部分の
埋め木加工補修をする必要があります。

1枚の扉で3~4箇所の加工作業が必要となるかと思いますので、扉1枚あたり、税込み6,000円程度。また金具が別途1個税込み2,500円程度必要になります。

扉取り付け作業に関しては、家具本体側の取り付け位置を決めるのが、一般の方では難しいかと思います。そのためスライド丁番金具への取替修理の場合、一般的には、扉引取り・金具取り付け加工・扉取り付け作業まで一貫して行う場合が多いです。その場合、扉1枚あたり税込み15,000円~20,000円程度になります。金具の個数や扉補修加工の違いで価格が変動します。

アングル丁番金具「24-24」サイズを使用しての取替も可能だとは思いますが、スライド丁番金具と比べて微調整ができないために耐久性が低いので、アングル丁番金具への取替はお勧めしません。取り替えるのであれば「スライド丁番金具」への取替をお勧めします。

ご検討賜り、ご不明な点はお気軽にお問合せください。
破損金具と同じサイズであることを願っています。

6月 5, 2016 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply