TOPページ »家具リフォーム・修理 » テーブル修理 » この記事

テーブル脚のぐらつき

大阪府のH様よりお問い合わせ
初めてメールいたします。
ダイニングテーブルぐらつきなどで、安田屋家具店ホームページに辿り着きました。読ませていただいてとても楽しいです。味のある家具はすてきですね。

実は自宅の無垢のダイニングテーブルがぐらつき、脚と座金の間に隙間が開いてきています。金具を締めたいと思うのですが、やり方がよくわからず、もしよろしければ、教えていただけるとありがたいです。

脚

写真はぐらつきの少ない脚ですが、このマイナスのところが締めるところでしょうか? 普通のドライバーでは、動きそうにないのですが、なにかコツはありますか? テーブルを裏返さないと無理でしょうか? 勝手な問合せですみません。

安田屋家具店からの返信
一般的に脚がグラつく原因は、テーブル天板と脚を接合しているネジが緩んでいることが多いです。写真をご覧ください。

T脚

赤矢印で示しているネジ(1本の脚に3~4箇所あると思います)を締め付けてください。締め付けるには「六角レンチ」が必要です。ホームセンターで販売しています。ネジの中央にあいている穴にはまる大きさの「六角レンジ」を使用してください。

hexkey300x100

脚と金属プレートが緩んでいる場合、一度脚を取外す必要があります。脚を天板から取外すと、脚と金属プレートがどのように固定されているか確認できます。一般的にはネジで止めてある場合が多いです。 その場合は、ネジをしっかり締めて脚と金属プレートを密着固定してください。

ネジ穴がバカになってネジがしっかりと止まらない場合は、ネジ穴に「つまようじ」を2本~3本ほど差し込んで穴をふさいでからネジを締めるとしっかりと効きます。 写真に写っているマイナスのネジは、写真からでは何のネジか不明です。脚を天板から取外すとこのマイナスネジが何に使用されているかわかるかもしれません。

H様のお役に立つ情報であれば幸いです。

8月 15, 2016 · Posted in テーブル修理  
    

Comments

Leave a Reply