TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

アトランタの取手金具

静岡に工場があった「太田長(オオタチョウ)」が製作していた家具シリーズ「アトランタ」の取手金具についての続報です。

10数年前に工場である「太田長(オオタチョウ)」はすでに廃業しているため、すでに金具は現存していないと四代目は思ったのですが、ひょっとしてという思いで家具問屋さんに聞いてみた。

するとなんと、数個ならばまだ残っているということを聞き、急いでお客様が必要数を購入したのでした。そしてお客様に送ると、ほぼほぼあきらめていたお客様から嬉しい便りが届いた。

H様より
この度は金具のお手配にお骨折りいただきまして、本当にありがとうございました。お話を伺っておりますと、もう残り少なかった金具をいただくことができたのですね…。

お力添えくださったおかげで、そのような幸運な金具を取り付けることができることにご縁を感じます。大切にいたします。本当にありがとうございました。工場の方にもどうぞよろしくお伝えください。

また何とも素敵な手描きの地図(美殿町マップ)もありがとうございました。懐かしく眺めていましたら、高校の時に同級生だった小林君の家、小林カメラさんもありました。

街は変わったかとは思いますが、やはり、私にとってはとてもとても懐かしい大切な故郷です。もう1ヶ月もしたら長良川の桜も綺麗なことでしょうね。どうぞお元気で…。重ねがさねありがとうございました。

安田屋家具店より
お役に立てて光栄です。
今回四代目も偶然知ったことですが、金具を保管していたのは「アトランタ」シリーズを製作していた工場「太田長」の義兄弟の方でした。

そのため「アトランタ」シリーズの開発から製品、品質、仕様・・・その他もろもろかかわっておられたそうです。

そんなことから「思い入れ」も深い家具ですし、「アフター」に責任もあると考え、消耗品等の在庫は手持ちされていたのですが、取手金物は数年前に在庫が無くなってしまったそうです。

そこで静岡の家具金物メーカーや問屋をあたって見ましたが見つからず、ふと思いつき、当時の下請けだった木工所に連絡したら「在庫がある!」とのことだったので、その時に70個ほど引き取ったそうです。

それからまた数年が過ぎた現在、残りは数個のみとなってしまったようです。まだ残っているかもしれませんので、お気軽にお問い合わせください。

ただこの記事を読まれた時点では、在庫はもう無くなっていることが十分考えられますのでご了承ください。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
3月 5, 2018 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply