TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

丁番27-20サイズ

Y様より丁番サイズ「27-20」が破損したので代替金具が無いかとの問い合わせがあった。

Y様よりお問合せ
お世話になります。 初めてメールさせていただきます。 食器棚の蝶番が壊れてしまい、扉が閉まらなくなってしまいました。

取り替えようと蝶番を探していますが、同じ型番の蝶番が見当たりません。

御社でご提供いただくことは可能でしょうか?
もしくは別の型番の蝶番で修理が可能でしょうか?
ご教示のほどよろしくお願い申し上げます。

安田屋家具店からの返信

破損金具を確認しました。
金具に27-20の刻印が見られますので、金具サイズは「27-20」になります。念のため写真の(A)扉側サイズと(B)家具本体側のサイズを確認してください。

(A)は金具の厚みの上から下方の折れ曲がった部分にある接合ピンの中心までの長さ。(B)は金具の厚みの下から下方の折れ曲がった部分までの長さです。(A)が27mm、(B)が20mmだと思いますが、違うサイズの場合はご連絡ください。

この「27-20」サイズの金具は、残念ながらすでに現存していません。大きい扉用の金具であり、さらに家具の傾きに対して微調整ができない金具のため、扉の重さに耐えられなくなり折れやすいため、現在は「スライド丁番」が使用されるようになりました。

破損金具の写真を見ると金具の一部が削られています。これは家具が傾いていることで扉も同時に傾いていて、同時に金具の合わせ目がいびつになることから擦れが生じ、金具を削っていきます。そしてある日突然、ポキッと折れてしまいます。

金具が現存していない場合の修理方法は、現在主流のスライド丁番金具に取り替えることによって修理が可能となります。ただ「アングル丁番金具」から「スライド丁番金 具」に取り替えるという方法は、扉の丁番金具を全て取り替える必要と、扉に金具
を取り付けるために彫り込んで あるカップの大きさが違いますので、彫り直しをしなくてはなりません。

またどのタイプのスライド丁番金具を使用するか、取付方法についても専門的な知識と技術が必要になります。お客様自身での取替えは難しいので、そこはプロに任せた方が修理費用は安価で、確実に修理できるのでお勧めします。

そのためには、ご自宅界隈の昔から続いている小規模な家具店、もしくは家具修理専門店にご相談され るとよろしいかと思います。アングル丁番金具をスライド丁番金具に取り替える修理内容はそれほど難しいものではありませんので、当店でもよく行なう修理方法です。

ただし今主流のインテリアショップや大型店では修理不可能ですので、昔から続いている街の家具屋さんであれば、当然修理方法は知っておりますので、ご相談されれば「アングル丁番金具」を「スライド丁番金具」に取り替 えることはできるものと思います。ご参考になれば幸いです。

「家具修理」で検索されるとご自宅近くの家具修理店に行き着くと思います。お役に立てる情報であれば幸いです。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
10月 31, 2019 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply