TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

日曜大工で作る家具の丁番

日曜大工を楽しみにされているY様から、扉に使用する丁番金具についてのお問い合わせがありました。

Y様よりお問合せ
安田屋家具店様

前略
日曜大工を楽しみアングル蝶番に哀愁を持つ老兵です。現在,幅370、高さ710mmの框組み(板幅50、板厚25mm)扉2枚をキャビネット本体の左右にそれぞれ取り付ける段階です。

それまでに製造中止や破損し易いなどの点から板厚25のタイプを探すことができませんでした。また扉幅(370+370=740)と本体幅(740)はほぼ同寸です。(厳密には本体幅より左右1mm短い。多少の修正は可能)

さらに扉重量は片側のみで2.1Kgです。お忙しい中,次の点を教示いただければ幸いに存じます。

1.御社の【アングル丁番金具24-24】を検討中ですが板厚25mm(側板と扉とも)への適用の可能性をお教え願います。

2.他に相応しい蝶番があるのでしょうか。(当方は取付け方も含め知識がほとんどない)

3.最後に取付け方法として邪道と考えますがアングル蝶番のカップ部(扉)と取付け部(側板)を更に1mm深く掘込んで取付け全体寸法(25mm)に調整する。 などは可能でしょうか。宜しくお願いいたします。

安田屋家具店からの返信

家具本体側板厚み25mm、扉厚み25mmであれば、25-25サイズの金具となりますが、現存していませんので24-24サイズのアングル丁番が使用できるものと思います。

扉の高さが970mmであれば、扉1枚に使用する丁番は、上・中・下の3か所の取付でよいと思います。

扉の框組みの最低の板幅は45mmは必要です。金具の円形部分をはめ入れるための穴を扉に彫る必要がありますので、そのサイズ図をご確認ください。

穴の長さが扉の縁から34.5mmとなりますので、板幅は最低でも45mm以上必要と考えられます。

扉厚25mm×側板厚25mmの条件で、丁番「24-24」を使用した場合、厳密にいうと1mmの違いがあるので、扉の開閉に支障が出る場合があります。

ただ実店舗での取替修理実績の経験上、1mmの違いであれば、問題なく取付、扉の開閉にも支障は出ていませんので、Y様の場合も取り付けが可能だと考えられます。

注意事項があります。扉の穴の深さは、金具の厚みと同じにしてください。金具の厚みよりも深かったり、浅かったりすると
扉を閉めるときに支障が生じます。ご注意ください。実際にはやってみないと扉の開閉時に支障が出るか出ないかは不明ですので、ご了承ください。

最近は微調整の効かないアングル丁番よりも微調整のできるスライド丁番が主流となっています。お役に立つ情報であれば幸いです。24-24サイズの金具氏安田屋家具店で取り扱っていますので、ご入用の際はぜひご連絡ください。お待ちしています。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
10月 30, 2019 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply