TOPページ » 家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

下駄箱吊り扉部品

M様から下駄箱の吊り扉に使用されている部品についてお問い合わせがあったのでご紹介します。

M様からのお問合せ
下駄箱吊り扉用のプラスチック部品が破損して困っています。安田屋家具店ホームページですと、販売されている部品は一体型ですが、捜しているのは分割型です。部品の一つが扉につき、残りがレールに入って二つの合わさる部分にギザギザがあり、高さ調節になっています。羽根付きで羽の長さが19ミリ、扉に取り付く径は13.5です。説明が簡単ですが、入手可能でしょうか。よろしくお願いします。

安田屋家具店からの返信
破損された部品は、過去にお問い合わせがあった写真の部品ではないでしょうか。

ナショナル製の下駄箱に使用されていたようです。
高さ調整ができる部品としては、別タイプもありました。ただいずれも部品上部のサイズが19mmもない「羽無しタイプ」でした。

統一した企画が無いので、様々な部品が過去には存在していたようです。しかし差残念ながらこれら部品は現存していません。

現存する部品は一体型のみとなります。羽の長さが19mmは「羽根付きタイプ」だと考えます。

部品は樹脂製なので、この部品を削るか、家具の扉を加工するかして対応するしかありません。現存する「羽根付き」部品に合わせるように加工して扉修理するしか方法はありません。

「羽根付きタイプ」「羽無しタイプ」共に1個税込み・送料込み600円です。在庫は十分ありますので直ぐに発送できます。

安田屋家具店オンラインショップにて365日24時間いつでもご注文いただけます。ぜひご利用ください。

 

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
6月 24, 2020 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply