TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

岐阜青年会議所新年御例会

 昨日、岐阜青年会議所(一般にはJCと呼ばれている青年経済人団体)の新年賀詞交換会があったので、OBとして出席してきました。

 毎年1月に新年度の理事長挨拶があるので、毎年これが楽しみで出席しています。

 青年会議所は全国各地にある青年経済人団体で、JC(ジェーシー)と呼ばれていて、世界各国にあります。

 岐阜青年会議所の場合、20歳~40歳までの年齢制限があります。

 四代目も所属していましたが、10年前に40歳定年で卒業しました。

 JCでは、挨拶作法から、仕事、経営、下ネタまで、広範囲にわたるジャンルを勉強・経験させていただいた、四代目にとって第二の青春時代を過ごした期間でした。

 今回の新年賀詞交換会は、長良川のほとりにある「都ホテル」で開催され、JC現役メンバー、OBメンバー、岐阜県副知事、岐阜市長、岐阜商工会議所副会頭、県・市の行政マンなどなど、岐阜の経済界、行政の方々が参加されました。

 そして楽しみにしていた2010年度の新理事長挨拶です。

 新理事長は、加藤大武さんです。

 岐阜青年会議所の伝統で、理事長挨拶は演台を置かない舞台中央で、原稿も見ず、約20分間挨拶をします。

 少しかんだ箇所もありましたが、20分間熱く所信表明をされていました。

 所信表明内容はこちらに掲載されています。

 新理事長挨拶の後は、副知事・市長・商工会議所副会頭・OB会長・加藤理事長で鏡開きを行いました。

 その後は、美味しい料理とお酒を楽しみながら、旧友との再会を喜び、昔話に花が咲きました。

 最後に、2010年度の岐阜青年会議所活動を実際に行っていく役員の紹介がありました。

 といっても10年も経過してしまった四代目にとっては、よく知らない若者達でした。

 がんばってください。

 その後は、旧友達と美殿町のCOAに移動し、ワインを飲みながら深夜まで、近況報告や昔話をして楽しんでいました。

1月 21, 2010 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply