TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

夢をかなえるゾウ

久しぶりぶりの家族ミニ旅行にお出かけ。

桃太郎神社に先日15年ぶりに行った事もあり、今回は10年ぶりに出かける「リトルワールド」に行ってきました。

1周約2.5キロの園内には、各国の伝統的な家が実物大にて建造・展示されている場所です。

一回りすれば、世界一周旅行をした気分になれます。

10年前に行ったときもお気に入りだったインドコーナーで見つけた一品です。

「夢をかなえるゾウ」で一躍有名になったインドの商売と学問の神様「ガネーシャ」様です。

象の頭を持つヒンドゥー教の中でも異色を放つ知恵と学問や富や繁栄の神様として人気の高い神様です。

ガネーシャが手にするお菓子は、甘い物が高価で豊かさの象徴として持たれています。さらに大きなお腹も繁栄の象徴でもあります。なので金運や商売の神様として絶大な人気を得ています。

なぜゾウの頭なのでしょう。商品と一緒にその神話が書いてありました。

シヴァ神の奥さんことパールヴァティーが、自分の垢を子供の形にして誕生したのが、ガネーシャと言われています。

ある日、パールヴァティーが息子のガネーシャに自分の入浴中を見張るように言いつけたところ、運悪く父シヴァ神が帰ってきましたが、ガネーシャは父シヴァのことを知りません。シヴァもガネーシャのことを知りませんでした。

真面目なガネーシャは母?であるパールヴァティーの言いつけの通り、シヴァを父とも知らず「一歩たりとも入れないぞ!」と不審者扱い。

怒ったシヴァ神は、なななんと、ガネーシャの首を切り落としてしまいました。

これに悲しんだ母パールヴァティーが、シヴァにガネーシャの頭を何とかする事を頼み、最初に通りかかった者の頭をくっつける約束をしました。そこにやって来ちゃったのが何と「象」だったのです。

こんな様な説明でした。(覚えるのに必死でした)

なんか気になった一品なので、衝動買いしました。

今は自宅に飾っています。

商売繁盛、学問向上にぜひぜひつなげてくださいませ「ガネーシャ様」

4月 2, 2009 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply