安田屋家具店が取り扱うハンギングチェアは、1950年代のデンマーク家具デザインの黄金時代をフィン・ユール、ハンス・J・ウェグナーらと共に築き上げた北欧を代表する女性デザイナー「ナナ・ディッツェル(Nanna Ditzel)」さんが承認した工場で製作している正規商品です。

一時期、販売価格5万円前後の粗悪品がネット上でもかなり多く見かけられました。これらの粗悪品を見ると、一瞬で正規品とは違うとわかるほど、形状、素材、編み方などがとっても悪い商品でした。

正規品の品質は、とてもとても厳しい品質管理があるのです。品質管理は材料を集める段階から始まっています。

使用される籐材は、最上品種として評価が高い「セガ籐」という種類です。比較的山の高いところカリマンタンの奥地が産地として有名です。

「セガ籐」は、表皮の上に半透明のホーロー質があり、みごとな艶で象牙にも近い美しい光沢があります。さらに硬くて丈夫です。その「セガ籐」の細い丸籐の皮を取った、芯の部分を丸いひも状に挽いた丸芯籐を使います。

この記事の続きを読む »

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
3月 11, 2019 · Posted in ハンギングチェアー