ご主人の書斎で10年ほど使用されているデスクチェアーの張替依頼がありました。

 張替前

事務機やさんの椅子です。パイプ製ではありますが、座面には木が使用されています。修理価格重視とのご相談でしたので、現在と同じビニールレザーと布地のコンビ張りでなく、ビニールレザーのみで張りかえることとしました。といっても違和感がでることのないように、背もたれに使用されているビニールレザー色と同じ色の生地を使用します。

この記事の続きを読む »

5月 1, 2010 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

輸入家具のダイニングチェアーの張替修理のご相談がありました。

デザイン的には輸入家具としてよく見かける一般的なダイニングチェアーでした。

 

今まで多くの輸入家具ダイニングチェアーを見てきましたが、布地の柄などは日本製よりもデザイン・色が良い布地を使用していますが、布地が薄すぎて耐久性が無いものが多いようです。

今回お預かりいたしました椅子も、使用年数としては約5年前後とのことですが、座面の一番すれる部分が擦り切れて破れてしまっています。中身ウレタンクッション材はそれほどへたっていないようでした。

この記事の続きを読む »

2月 16, 2010 · Posted in 家具リフォーム・修理, 椅子張替え  
    

以前ご紹介した「小ぶりお父さん椅子」の座面の高さについてのご質問がありましたので、追加情報をお伝えします。

座面はわずかに湾曲しておりまして、両端が高く44cmで、中央部分が43cmとなっています。
したがいまして座高としては43cmとなります。

また少し後方に向けて斜めに下がっていて、前部が44cmで、最後部が41cm5mmとなっています。

とっても座りやすいダイニングチェアーです。

この椅子の詳しいご紹介は、コチラ をご覧ください。

 

[tip]この商品のお買い求めはぎふ楽市楽座へ
ここをクリックしてください
[/tip]

1月 29, 2010 · Posted in 商品紹介  
    

安田屋家具店にて、多くご相談いただくのが「ダイニングチェアー」選びです。

特に座面の高さについてのご相談が多くあります。

ご家族皆様の身長差がありますので、全員が納得できる座高の椅子というのはありません。

身長の低い方に合わせて椅子の脚をカットすると、テーブルとの高さが合わなくなり使いにくくなってしまいます。

身長の高い方に合わせると、低い方は脚が床に着かず、落ち着かない椅子となり座り心地が悪くなってしまいます。

座り心地の良いダイニングチェアーとは

・背中全体が背もたれについていること
・背もたれと腰に隙間が無い
・座面と太ももの下に1~2cm程度の隙間がある
・脚が床にきちんと着いている

この記事の続きを読む »

1月 27, 2010 · Posted in 商品紹介