埼玉県のK様よりお問合せ
大進工業株式会社製の食器棚の蝶番が破損して困っています。 御社で購入した商品ではございませんが、ネットで検索した所、安田屋家具店ホームページを拝見しメールいたしました。

s-2017-04-13 09.49.21

大進工業は既に倒産しているとのことですが、可能性を賭けて安田屋家具店に連絡した次第です。

食器棚型番 : サンルート150
破損個数 : 4個

s-2017-04-13 09.49.47

写真を添付致しますので、ご対応のほどよろしくお願いします。

安田屋家具店からの返信

この記事の続きを読む »

5月 15, 2017 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

鎌倉市のK様より金具についての問い合わせがあった。

埼玉県草加市に工場があった大進工業株式会社の食器戸棚「品名:ルイ・ヒルトン180」の扉の金具が破損した。かなり以前に購入した食器戸棚で、金具にはCOLDEAの刻印があります。恐らくサイズは24-20だと思います。

s-IMG_2222

扉のサイズは縦41.5㎝、幅45㎝、重量は2キロあります。破損した金具を同封しますので同じものを2個お送りください。よろしくお願いします。

安田屋家具店からの返信
大進工業株式会社はすでに廃業した家具工場です。大進工業株式会社が製作した食器戸棚の扉金具は、大進工業株式会社がオリジナルで製作した「DC COLDEA」という刻印のあるアングル丁番金具を使用しています。

DCとは恐らく会社名ダイシンの意味だと思います。工場が廃業したためにオリジナルの金具であるCOLDEAもすでに現存していません。でもご安心ください。代替金具の24-20サイズはございます。ただし扉側に開いている穴の横幅をほんの少し、1ミリ程度彫り広げる必要があるかもしれませんのでご了承ください。

また家具本体側に取り付ける金具の形状が、COLDEA金具は十文字になっていて後方に1本延びている形状です。代替金具は楕円形となり、後方に1本延びている部分がありません。そのため厳密に比較すると金具を支える力が少し軽減されるので、耐久性が若干劣ることが考えられます。

24-20-1

この記事の続きを読む »

2月 24, 2015 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)