TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

四代目のパソコン遍歴

 2年4ヶ月前に出会った「岐阜聖徳学園大学 経済情報学部」河野 公洋先生のご提案されたインターネットショッピングモール「ぎふ楽市楽座」の立上・運営に携わるようになってからというもの、パソコンに関わる時間が格段に増えました。

 四代目とパソコンの付き合いは、1994年、周りの友人・先輩の影響によりスタートしました。当時「Windows」はまだなく、Apple製のマッキッントッシュ コンピューターが唯一、視覚的・直感的に操作できるパソコンでした。1993年にパソコン購入に当たりどのパソコンが良いのか先輩に尋ねたところ「目の前にあるコップを取るのに、キーボードでコンピューター言語を使用して命令文を作ってコンピューターに指示してからコップを取る?、それとも直接コップを取る?、どっちがいい?」と聞かれた。

「そりゃぁー、直接コップを取った方がいいっス!」

「だよね、だったらアップルのマッキッントッシュだよ」

 ということで、よくわからないまま先輩にパソコンショップに連れて行ってもらって購入したのが【Macintosh Quadra 650】

 モニターにミノルタ製レーザーモノクロプリンターを加えて合計価格約50万円でした。50万円もしたのにメモリーは8MB、ハードディスクの容量は230MBです。今では考えられない容量です。それでも当時、このパソコンでフォトショップやイラストレーターを使っていたんですよ。

 そして6年後、世間はWindows 」勢力が幅を利かせ、周りのほとんどの人が「Windows」となったので、2000年に二代目機器として、エプソン製 EdiCube「TC535」に買換えたのでした。

 モニター付で14万円前後でした。そしてOSはWindows98 seで、ネット接続は「Livedoor」のアナログ回線でした。このパソコンは2年前まで四代目の主力機として、仕事に、美殿町街づくりに大活躍していました。今でもいざというときすぐに使えるようにしてありますが、ほとんど休眠状態です。

会社の経理をパソコンで行うために3年前に三代目機器として、DELL製「DIMENSION C521」を19インチモニター付で5万円前後で購入したのでした。

 このパソコンは、経理専用として経理担当の奥様専用パソコンとして事務所に設置してあります。

 そして2年4ヶ月前に出会った「岐阜聖徳学園大学 経済情報学部」河野 公洋先生の提唱される【クラウドコンピューティング】に感化され、四代目機器としてDELL製の「OPTIPLEX GX280」を購入しました。四代目機器を購入するにあたり、いろいろ調べていく中で、美殿町の中で一番パソコンいじりに精通している「花倶楽部オザキ」の旦那さんに相談したところ、「新品を買うの?」と言われました。

 パソコンは新品を買うものだと思っていた四代目にとって、ネットオークションで中古を買うことなんか考えもしないことでした。そしてそれからというものyahooオークションに目覚め、様々なパソコン本体を調べ、比較検討する日々が続きました。そしてDELL製「OPTIPLEX GX280」購入後には、パソコンいじりが趣味となり、ハードディスク増設、メモリー増設、DVDスーパーマルチプレーヤー取替えなどなど、壁にぶちあたり問題が起きても、自分で調べ、解決してきました。そして娘のパソコンもDELL製「OPTIPLEX GX280」をyahooオークションで購入。今もパソコンいじりが楽しい日々が続いています。

 パソコン本体というハードだけでなく、ソフト面でも、安田屋家具店ホームページを「WordPress」を利用して河野ゼミ生に製作してもらった関係で、「WordPress」いじりも趣味の一つになりました。ハード・ソフト両面での趣味が増え、充実した毎日を送ることができるきっかけを作ってくれた「岐阜聖徳学園大学 経済情報学部」河野 公洋先生に感謝!!、感謝!!、謝謝!!、です。

8月 31, 2010 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply