11月 19, 2017 · Posted in おじゃまします  

11月に入ってから以前購入していただいたお客様からのご用命が入ってくるようになりましたとお伝えいたしましたが、今回ご紹介するのは15年ほど前に安田屋家具店にてご購入いただいた歯科医院のお待合室のソファー買い替えのご相談です。

今年はタイミングが重なる年回りとなったのでしょうか。この後も別の歯科医院さんから同じように安田屋家具店にて購入いただいたソファーを買い替えたいとご連絡をいただいたのです。

さらに四代目の奥様の出身地である羽島市内の眼科医院から、15年前に購入した椅子を追加購入したいとの連絡も続いてあったのです。ありがたいことです。

さて今回ご紹介する歯科医院様の待合には、15年ほど前にご購入いただいた四国 徳島県に工場がある「富士ファニチャー」の一般的な革張ソファーを設置していただきました。

今回は待合室、診療室ともに全面改装されるとのことで、以前とはガラッと雰囲気を変えたいとのご希望でした。そこでナチュラル感を全面に出し、待合室全体の雰囲気を明るくするために3人掛ソファーを2脚、パーソナルチェアーを3脚設置することをご提案いたしました。もちろん待合室が窮屈にならないようなサイズを重視し、さらにご予算に近い金額になる商品を発送いたしました選定させていただきました。

入口入ってすぐの所にパーソナルチェアーを3脚設置しました。パーソナルチェアーは、座面と背上部にウォールナット無垢材、脚と背棒にはアッシュ無垢材木地色仕上を使用した商品にしました。

この記事の続きを読む »

    
11月 17, 2017 · Posted in 未分類  

四代目独力では取り外すことができなかったバーカウンターチェアーの背面。そこで安田屋家具店専属の椅子張り職人工房に持ち込んだのでした。椅子は業務用椅子工場の「ADAL」の商品でした。

職人に現状を説明して、取り外す方法を聞いてみた。職人曰く「工場によっていろんな取付け方がしてあり統一した方法ではないので、その都度丹念に調べる必要があるんだな。ただどれも単純な方法でしか取り付けてないので、難しい理屈ではないけどね」

外見を二人で見まわしたり、椅子本体フレームと背面材の間にマイナスドライバーを入れて引き離そうと試みるも、いずれも取り外すことはできなかった。

ひょっとして、背面を接着剤で張り付けてしまってあるのか??。いや、背面を接着剤だけで張り付けるのは耐久性が低いので行わないはず。絶対に引っ掛けて止めてあるはず。

この記事の続きを読む »

    
11月 15, 2017 · Posted in その他の家具修理  

11月に入ってから以前購入していただいたお客様からのご用命が入ってくるようになりました。いずれも15年ほど前に安田屋家具店にてご購入いただいた飲食店や医院のお客様で、買い替えや修理のタイミングが重なる年回りとなったのでしょうか。

今回は15年ほど前にご購入いただいたバーカウンターチェアーです。長年の使用で表面の合成皮革(ビニールレザー)が破れてしまったので張替ができないかとのご相談です。椅子は業務用家具工場である「ADAL」の商品でした。センスのいいデザインの椅子を作り続けている大阪の工場です。

椅子を確認すると、表面の合成皮革(ビニールレザー)の破れよりも背面・座面ともに中身のウレタン材が経年劣化で粉になってしまい、ほぼ全て一か所に集まってしまっています。背面も座面もクッション材の無い板張りと同じ状態になっています。背面も座面も中身ウレタン材を新しく作り直さなければなりません。

四代目は背面の形状を見て、どうやって椅子本体のフレーム枠から取り外せばよいかと考えるのでした。

この記事の続きを読む »

    
11月 13, 2017 · Posted in 未分類  

お預かりしている高級事務椅子「giroflex64」(ジロフレックス)のキャスター取換修理ですが、キャスターは金属製の脚にズボッと差し込んであるタイプなので、脚とキャスター部品の隙間にマイナスドライバーを差し込んで下に押し下げます。

その後はキャスターを手でつかんで、強く引っ張り、金属脚の穴から抜きます。かなり強い力で抜く必要があります。最初はピクリとも動かないので、少し左右にキャスターを動かしながら引っ張りぬきます。

途中から抜く力がスッと軽くなり、一気にスポッと抜けます。

この記事の続きを読む »

tags:
    
11月 11, 2017 · Posted in その他の家具修理  

デスクチェアーのキャスターがガタガタするので修理して欲しいとのご連絡を受けて急いでお客様宅に向かう四代目でした。

デスクチェアーを確認すると、脚に取り付いているキャスターの車輪がガタつきの原因であることを突き止めたのでした。

キャスターの車輪を確認すると、フローリング床を傷つけないように樹脂製の車輪にゴム材を張り付けてありました。長年の使用でゴム材が所々めくれてしまい、そのわずかな段差がガタつきの原因でした。

直ぐに椅子をお預かりしてキャスター交換修理を行うことにしました。15年ほど前に岐阜市内で一番大型の家具店であった今は無き「服部家具 岐阜店」で購入されたようです。

この記事の続きを読む »

tags:
    

次ページへ »