3月 30, 2017 · Posted in 和家具  

 和室にお勧めの座椅子をご紹介します。
 座面に座布団をのせて使用する座椅子です。座面にはノンスリップ加工仕上げを施していますので、座布団がずれることはありません。座板の厚さは約20㎜。その座面の上に、お好みの厚みの座布団をのせて使用します。座布団の厚みを変えることによって、座高をご自身で調整することができます。

サイズは、幅500×奥行610×高さ430㎜
全体の姿をご覧いただきましょう。
写真をクリックすると大きな写真でご覧板だけの巣。


この記事の続きを読む »

    
3月 29, 2017 · Posted in 和家具  

座椅子FUURINは、ご自宅の和室にお勧めの木目がきれいな座面に座布団をのせて使用する座椅子です。

4474_0 4474_1

座面はノンスリップ加工がされていますので、上に乗せた座布団がずれません。

4474_3 4474_5

ケヤキ色・ナチュラル色・黒色の3色をご用意いたしました。お部屋に併せた色をお選びください。

この記事の続きを読む »

tags:
    
3月 28, 2017 · Posted in インテリア雑貨, 商品紹介  

今日、当店のエジプト犬が行水しました。

といっても展示商品の陶製「エジプト犬」にホコリがたまってきていたので、天候もよかったので店頭にて水洗いをした次第です。とっても気持ちよさそうでした。道行く人々の好奇心の眼差しの中、丁寧に汚れを落としてあげました。

 

とってもきれいになったので、ロケーションのよい場所で、ネットショップ掲載用の写真を撮りたくなり、美殿町の中でよい撮影ポイントを探しました。安田屋家具店の斜め前に立地する「大衆酒場 縁」さんの入口前の雰囲気がよかったので、エジプト犬を店内から持ち出し、撮影作業を行いました。真向かえの漬物店「美殿屋」の旦那が、「やってるねぇー」という眼差しで見ていました。

この記事の続きを読む »

    
3月 27, 2017 · Posted in インテリア雑貨  

展示現品限りのイタリア製陶器 犬の置物です。
最近はイタリア製に似せた中国産の置物がほとんどですが、今回ご紹介する商品は正真正銘イタリア製です。中国製は雑な作りが多いのですが、今回ご紹介する商品はとっても良いつくりをしています。顔つきを見ると中国産との違いがはっきりと分かります。

2699_0

このエジプシャン・ハウンド(エジプト犬)は、グレー・ハウンドの直系にあたる古い犬種で「立耳のグレー・ハウンド」の異名を持っています。紀元前3400年頃の古代エジプトで獣猟犬として飼育されていたと考えられています。

2699_1

サイズは横幅240、奥行390、高さ640、陶器製です。
犬の色はホワイト色です。
レンガ色の陶製敷物の上で立っている姿です。

2699_2 2699_4

この記事の続きを読む »

3月 26, 2017 · Posted in その他の家具修理  

最近では見る機会がほとんどなくなった家具「スーツハンガースタンド」のご修理依頼がありました。十数年前にアメリカ赴任時に購入した想い出の商品なので、なんとか修理してほしいと安田屋家具店にお持ち込みになられました。

s-IMG_6963

早速四代目が修理箇所を確認すると、上部のハンガー部分が台座から外れてしまっていました。支柱とハンガーはダボで接合してある構造でしたので、修理可能であることをお伝えしたところ、お客様はホッと安心されたようでした。

奥様から「1本ビスが外れている部分があるようなんですけど…」とお話しされたので、四代目は「ご安心ください。破損個所だけでなく、すべての接合部分を点検しておきます」とお伝えしたのでした。

安田屋家具店内の修理作業場に「スーツハンガースタンド」を移動させ、じっくりと構造を確認した後、一度分解することにしました。 元々は組み立て家具だと思われ、ほぼすべての接合個所は六角ネジで接合するようになっていました。なので簡単に分解することができました。

s-IMG_6967 s-IMG_6968

再組立て時に重要なネジを無くさないように箱に保管する四代目です。 また各部品の方向が組み立て時に分かるように印をつけておきました。意外ときめ細かな神経を持ち合わせている四代目なのです。

各接合部に異常がないことを確認した四代目は、元通りに組み立てます。 ハンガーと支柱を接合するダボが途中で折れてしまっていました。そこでドリルを使用して慎重に埋まっているダボ木を取り除く作業を行いました。

この記事の続きを読む »

    

次ページへ »