9月 15, 2017 · Posted in 四代目のつぶやき  

Googleから

投稿した写真が Google で新記録を達成しました

と連絡が入っていた。

投稿した写真が過去最高に人気です。
閲覧回数が自己新記録の 10,000 回に達しました!
現地の様子を実感できるすばらしい写真のご提供、ありがとうございます。

この記事の続きを読む »

    
9月 11, 2017 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  

埼玉県所沢市のN様より、金具追加ご注文のお問い合わせが入っていた。
お世話になっております。 埼玉県のNと申します。 2014年10月1日にアングル丁番(K-20-20)を2ケ郵送していただきました。 今回、写真のようにまた丁番が割れてしまいました。 つきましては3ケ購入させていただきたく、先ほど電話しましたがお休みのようなのでメールしました。

参考に写真も添付いたしますのでよろしくお願いします。

安田屋家具店からの返信

この記事の続きを読む »

tags:
    
8月 30, 2017 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  

9月10日より食器戸棚や洋服たんすの扉に使用しています蝶番(ちょうつがい)、丁番(ちょうばん)と呼ばれる金具が値上げすることに伴い、「送料込みのお試し価格」も値上げすることになりました。

「16-15」、「15-20」、「20-15」、「20-20」、「24-20」の5種類の金具1個を送料込みのお試し価格として税込・送料込600円でご提供しておりましたが、金具の値上げに伴い税込700円に値上げさせていただきます。

通常のご注文ですと、金具1個税込530円+送料(レターパックライト)360円=合計890円となりますので、とってもお買い得です。

「送料込みのお試し価格」は、『アングル丁番金具』をネットショップで購入を考える時の一番の問題は、実店舗と違い金具の実物を実際に手にとって見ることができないことです。

  • 壊れた金具と一緒なのかしら?
  • 金具のカップ径は同じだろうか?
  • 金具のサイズは同じだろうか?
  • RABBITと刻印が無いがサイズが同じなら交換できるのか?
  • 少し形が違うが交換できるのか?
  • ネジ穴の位置は同じなのか? などなど

そこで四代目がお客様の立場で考えた時、ご使用中の金具と実際に比べることができる実物の金具が手に入ることが重要なのですが、1個だけの購入だと送料を入れると高額となってしまいます。そこでお客様のご購入前の不安解消のために『アングル丁番実物見本金具』1個のみを『送料込みのお試し価格』にてご提供することとしたのでした。

少しでもお客様の不安を取り除きたいと四代目が2010年9月に考えたのでした。お気軽にご利用下さい。

詳しくは「アングル丁番見本請求」をご覧ください。

    
8月 29, 2017 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  

先日、、RABBIT刻印丁番金具の生産を再開したとお伝えしましたが、工場から「原材料などの生産コストやその他諸々が値上がりしたこともあり、価格をどうしても20%値上げしなくてはならなくなってしまった」との連絡でした。

別工場になったとはいえ、今までと同じ金型を使用して、今までと同じ丁番金具の生産再開が決まりホッとした四代目でしたが、工場からの連絡に愕然とするのでした。

20%の値上げ・・・・・、
四代目にはどうすることも出来ない非力を痛切に感ずるのでした。

安田屋家具店の在庫数も8月末には全サイズとも無くなる見込みなので、9月10日より丁番金具の価格を値上げをしなくてはならなくなりました。誠に申し訳ございません。四代目の力不足をお許しください。

9月10日より、RABBIT刻印丁番金具「16-15」、「15-20」、「20-15」、「20-20」、「24-20」、復刻K刻印丁番金具「16-15」、「15-20」、「20-15」、「20-20」、「24-20」の以上10種類を1個税込530円とさせていただきます。

この記事の続きを読む »

    
8月 28, 2017 · Posted in 未分類  

先日、需要の低迷が原因で、RABBIT刻印丁番金具の生産が終了したとご紹介しましたが、その後進展がありました。

需要が低迷したとはいえ、丁番金具破損による取替を希望するお客様がまだまだ多くおられることを考えると、なんとか生産ができないものかと金具屋の大将と話し合っていた。

金具屋の大将もあちらこちらに声を掛け続けていたようです。その成果があったものと思いますが、RABBIT刻印丁番金具を生産する工場が見つかったのです。

今まで生産していた工場から金型を譲り受けた別工場が、RABBIT刻印丁番金具を生産することになったのでした。今までと同じ金型を使用しますので、今までと全く同じRABBIT刻印丁番金具となります。

よかったぁーーー!!

    

次ページへ »