TOPページ » 四代目のつぶやき » この記事

有線とワイヤレス

以前、フランスベッドの電動リクライニングベッドをご購入いただいたお客様から、朝一番にお問い合わせがあった。

リクライニング機能をずっと使っていなかったが、今日使おうと思ってリモコンコントローラーでボタンを押したが、まったく動かないので困っているとのことでした。

電話を切った四代目は、直ぐにお客様宅へ直行。
2年前にご購入いただいた奥様の電動リクライニングベッドは、昨年ワイヤレスリモコンを紛失したため、有線のワイヤードコントローラーに取替えたばかりなので、問題なくモーターが作動する。

動かないのは、5年以上前にご購入されたご主人様の電動リクライニングベッドだった。以前お伺いした時には、四代目がリモコンコントローラーで、ご主人のベッドの各動作が正常に動くことを確認している。作動しないのは電池が無いのではと考えた四代目でしたが、お客様が新しい電池に取替え済み。各接合部のプラグを点検。全て異常なし。う~~む???

取扱説明書が無いので、機械の対処方法がわからない。
リモコン受信部の部品を確認すると「リセットボタン」がある。手元にワイヤレスコントローラーを用意して、受信部品の「リセット」ボタンを押しつつ、リモコンコントローラーの電源スイッチを押す。動いてくれと願うものの、まったく反応しない。

これは困った。
どうすればいいのか???、とその時、ハッとひらめいた。

今、四代目が手元に持っているワイヤレスコントローラー、なんか違和感を感じる。ご主人のベッドはかなり以前に購入された商品なのですが、コントローラーが妙に最新式のように思えるのです。目をつむって以前の様子を思い出してみる。

あっ、そうだ!!
コントローラーが違うのではないか。今手元に持っているのは、2年前に納品して、昨年紛失した奥様用電動リクライニングベッド用のワイヤレスコントローラーではないのか?? だからご主人用の電動リクライニングベッドに向けてコントローラーボタンを押しても反応しないのではないか??

当たりを見回してみると、ヘッド部分の棚にコントローラーらしき物体を発見。

そうそう、コレコレ、以前操作した時に使用したずんぐりむっくりしたコントローラーだ。今のようなスリムなボディーではなかったので違和感を感じたんだ。直ぐにご主人用の電動リクライニングベッドに向けてコントローラーのボタンを押す。

今まで動かなかったのがウソのように、正常に動きます。頭上げ下げ、脚上げ下げ、頭・脚連動上げ下げ、本体高さ上げ下げ、全て正常に動きます。コントローラーが異なっていたのが、動かない原因でした。単純な原因ですが、以前の記憶が残っていた四代目の家具業界40年目のなせる業でする(自画自賛)

すぐさまお客様に報告。
お客様にリモコンコントローラーを持っていただき、各動作が正常に動くことを確認してもらった。お客様には喜んでいただきました。費用はもちろん無料です。

しかしそれにしても昨年、奥様用電動リクライニングベッドのワイヤレスリモコンが紛失した時に1時間ほどベッドルームを探しまくりましたが、見つけることができませんでした。そのコントローラーが今回、ヘッド部分に普通に置いてあったそうです。そのためご主人用電動リクライニングベッドのコントローラーだと思い込んだわけです。

お客様は、座敷童がいたずらしたんだろうかとおっしゃいましたが、本当にそんな感じですね。

さて今回のことで、コントローラーは有線が良いのか、ワイヤレスが良いのか、迷うところですね。有線式のワイヤードコントローラーはコードが邪魔になったり、コード長さの範囲内のベッド周りにしか置けません。でも決して無くすことはありません。コントローラーはどこに行ったと、探すことも無くなるわけです。ご高齢のお客様には「有線式のワイヤードコントローラー」をお勧めします。

ワイヤレスコントローラーは、コードが無いので、わずらわしさもありませんし、どこにでも置けます。ベッドから離れた場所にでも置けるわけです。しかしその自由に移動できる分、テレビのリモコンのようにどこへ置いたかなと探す場合も出てくるわけです。便利なようで不便なのがワイヤレスリモコンですね。ご高齢の方はワイヤレスでない方が良いと思いますね。

また現代はネットショップでのお買い物が全盛ですが、ネットショップで購入した場合、今回のような時はご自身で解決しないとなりません。また大型店や量販店などでは、即座に対応できませんし、有料となります。

どんな業種でも、自宅界隈の実店舗でのお買物や相談など、なじみのお店、特に個人店を持つことが、これからは重要だと思いますし、結果的にネットショップよりも安くつくんだと思います。皆様はどうお考えになりますか。

 

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
1月 20, 2022 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply