家具のお手入れ用品

革張ソファーのお手入れ方法

新しい革のソファーが家に届いたときって、とってもうれしいものです。
革製品は正しいお手入れをすれば、一生使えるすぐれものですが、きちんとお手入れをしないと大変なことになります。
でも家具専門店・インテリアショツプで革製品を購入された時、正しい革製品のお手入れ方法を教えていただけましたか???
意外とお手入れ方法を教えてもらっていないことのほうが多いようですネ。
家具専門店・インテリアショツプのプロの店員でも正しいお手入れ方法を知らなかったり、間違ったお手入れ方法を教えていたりすることも意外と多いようです。
お手入れ方法を間違えると、革が硬くなったり、変色したり・・・・、とんでもないことになってしまいます。


一般的に広まっている間違ったお手入れ方法としては、


●「中性洗剤を薄くして固く絞った雑巾で拭く」
よく聞く手入れ方法ですが、中性洗剤を薄くして拭くと汚れは落ちるかもしれませんが、革の柔軟性が失われて硬くなってしまう恐れがあります。また汚れがひどいからといって薄めないで原液を使うのはもってのほか。革が傷んでしまいますよ!

●「乾拭きする」
よく聞く手入れ方法ですが、強く擦ると革の表面を傷め、汚れを革のシボの奥へ押し込んでしつこい汚れ(テカリ)の原因になります。汚れは専門の革クリーナーで除去してください。また革表面に積もったホコリは汚れの原因になりますので、こまめに掃除機でホコリを吸い取ってください。

●「化学雑巾で拭く」
便利でホコリはよく取れますが、革の汚れは除去できません。また革製品に科学雑巾を使うと革を変色させる恐れがあります。
化学雑巾の薬剤が革に染み込むと汚れが着きやすくなるなど逆効果です。

●「牛乳を薄めて拭く」
牛乳で拭くと艶が出るため、牛乳は革製品に良いとよく言われています。これは大間違いです。
牛乳で拭くと革の表面が固くなってきますし、そのまま湿った場所に置いておくとカビの原因にもなります。

●「ハンドクリームを塗る」
人間の生きている皮膚にはバランスよく作られていても、革に使用すると油の染みや色が濃くなってきます。表面にべたつきが出てきて、汚れやすくなります。

●「靴クリームを塗る」
靴クリームには、革の光沢を出す成分が含まれています。ソファーや椅子に使用すると滑りやすくなって座り心地が悪くなります。また靴クリームには油成分が多いものがあり、染みやべたつきの原因となります。

●「マジックやボールペンの汚れ落としに灯油またはベンジンで拭取る」
灯油またはベンジンが革の中に浸透した場合、染色している染料を退色させたり、内部の油分を移動させて革を硬くする可能性があります。灯油またはベンジンは人体への安全面でも問題が多い溶剤です。汚れが取れても、革製品や健康を損ねてしまう危険性があるので使用しないようにしましょう。
マジックやボールペンの汚れ落としには、インクリムーバーをご利用ください。

ご存知でしたか!!  これらの間違った革のお手入れ方法は、家具専門店のプロの販売員が一般的によく説明していることなんです。というのも、このような間違った方法を教えられていた時代があり、そのころの情報がそのまま受け継がれているからなんですよ。

革メンテナンスシリーズを正しく使ってお手入れをして革本来の美しさを保ちましょう
それは女性の大切な肌を守るスキンケアと同じです。

一般的な汚れ・・・ケラソフトセット(ソフトクリーナー)⇒(プロテクションクリーム)を使用
乾燥しザラついて、ひからびてしまった革・・・・・・ケラソフトセット(ソフトクリーナー)⇒(レザーバルサム)を使用
ジュース、コーヒーなどの飲物の汚れ・・・・・・・ケラソフトセット(ソフトクリーナー)⇒(ストロングクリーナー)⇒ケラソフト(プロテクションクリーム)を使用
ミルク、血液などのタンパク質を含んだ汚れ・・・(ストロングクリーナー)⇒ケラソフト(プロテクションクリーム)を使用
ジーンズなどの衣服の色落ちの汚れ・・・・・(ストロングクリーナー)⇒ケラソフト(プロテクションクリーム)を使用

 

革メンテナンスシリーズは有名一流企業にて使用されています。
本革リビングソファーメーカー  ROLF BENZ,BRUHL,COR,LAAUSER,KOINOR,MUSTERING,NATUZZI
航空会社メーカー  LTU AIRLINE,LUFTHANSA,CITY LINE
自動車メーカー  AUDI,PORSCHE,VOLKSWAGEN