国産名作椅子「ショパン」をお届けしてきました。
築80年近い日本建築の広縁に3点セットとして設置いたしました。

この記事の続きを読む »

    

昨日ご紹介したカリモク製のソファー3点セットをお客様宅に設置に行きました。
ソファーセットを張替のためお預かりしている間に、お部屋も少しリフォームをされたようです。床に敷き詰めてあったカーペットを剥がし、フローリング床に戻されました。フローリング材も昔のとってもいい材料を使用してあります。

逆光となってしまい少々わかりづらくてすみません。

以前お買い求めになられていた想い出のレースを背面・座面にかけられました。

そして家族の歴史と想い出として、以前張ってあった布地の良い部分を取り残して、テーブルクロスとしてお渡ししました。お客様にはとってもお喜びいただきました。お預かりした時からの安田屋家具店スタッフのアイデアでした。お預かりした時点で椅子前面部分は汚れてしまっていましたが、背面部分はある程度お買い求め時のままの色あせていない布地部分がありましたので、椅子張り職人さんに剥がした布地は捨てないでと伝えておきました。剥がされた布地の山から、良い部分のみを探したらほんの少しの部分しかありませんでした。

今回使用した布地は、10,000円/m単価の布地を使用しました。
布地の張替だけでなく、背・座面内部のウレタンクッション材を新しく取替えました。
特に座クッションは、お客様のお好みの硬さに調整するため、何度もサンプルを作って決めました。また椅子本体座面内部のスプリングはへたっていましたので、ウエビングテープで補強をしました。座り心地はお買い求め当時のクッション性の良いものに戻りました。

今回の張替え費用は、3人掛けソファー×1、両肘椅子×2の3点セットで、税込278,000円でした。ちなみにカリモクで張替を行ったら恐らく50万円以上の張替金額になるのではないかと思います。カリモクの場合、自社製品であっても10年以上経過した商品とか、製造中止になった商品の張替は安田屋家具店の職人よりもはるかに高くなるケースが多いですね。そのかわり現在も製造している商品の張替の場合は、安田屋家具店の職人よりも安いか同じ価格であるケースが多いことも事実です。カリモク直接の場合は、張替商品によって価格が変わりますので吟味しなければなりません。なお、今回のお客様は岐阜市内でしたので、張替費用に「引取」「お届け」の配送費は含まれています。(岐阜市近郊以外への配送料は別途となります) 

岐阜市近郊のお客様でソファーの張替をお考えになられていましたら、お見積もりは無料ですので一度安田屋家具店にご相談ください。お待ちしています。

    

昨日ご紹介しました四国、高松の職人「川原」さんが製作したカラフルチェストをお客様宅に納品してきました。イメージ通りの仕上がりにご満足いただけました。

両開き扉の内部には・・・・、

光ケーブル、無線LAN、ルーターなどの機器が収納されました。配線コードは背板の穴から外部に出しました。また背板にあけた穴のすぐ後ろにコンセントが来るようにデザインしたので、ぴったりです。お部屋の採寸、デザイン打合せ、カラー決めなどの打合せを行い、図面を引き、職人に指示して製作させ、いざ出来上がったものが思案通りに納めることができるとホッと安心します。さらにお客様から「ありがとう」なんて言っていただけるとこの上もなく幸せを感じます。

カラフルチェストの前には、安田屋家具店でご購入いただいた、タモ・ウォールナット無垢材でつくられたテレビ台とセンターテーブルがあります。カラフルチェストもタモ材なので、木目や色が統一されました。床の色が濃い目の色なので、タモ無垢材のナチュラル色がより引き立ちます。トータルコーディネートもバッチリです。

何十年とご家族の想い出と歴史を刻み込まれ、愛着のもてる家具となっていくことを祈るばかりです。

11月 18, 2010 · Posted in おじゃまします  
    

11月に入ってから以前購入していただいたお客様からのご用命が入ってくるようになりましたとお伝えいたしましたが、今回ご紹介するのは15年ほど前に安田屋家具店にてご購入いただいた歯科医院のお待合室のソファー買い替えのご相談です。

今年はタイミングが重なる年回りとなったのでしょうか。この後も別の歯科医院さんから同じように安田屋家具店にて購入いただいたソファーを買い替えたいとご連絡をいただいたのです。

さらに四代目の奥様の出身地である羽島市内の眼科医院から、15年前に購入した椅子を追加購入したいとの連絡も続いてあったのです。ありがたいことです。

さて今回ご紹介する歯科医院様の待合には、15年ほど前にご購入いただいた四国 徳島県に工場がある「富士ファニチャー」の一般的な革張ソファーを設置していただきました。

今回は待合室、診療室ともに全面改装されるとのことで、以前とはガラッと雰囲気を変えたいとのご希望でした。そこでナチュラル感を全面に出し、待合室全体の雰囲気を明るくするために3人掛ソファーを2脚、パーソナルチェアーを3脚設置することをご提案いたしました。もちろん待合室が窮屈にならないようなサイズを重視し、さらにご予算に近い金額になる商品を発送いたしました選定させていただきました。

入口入ってすぐの所にパーソナルチェアーを3脚設置しました。パーソナルチェアーは、座面と背上部にウォールナット無垢材、脚と背棒にはアッシュ無垢材木地色仕上を使用した商品にしました。

この記事の続きを読む »

11月 19, 2017 · Posted in おじゃまします