TOPページ » 家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

和たんすのカギ

N様からのお問合せ
安田屋家具店ホームページを拝見しました。
実家の和ダンスのカギ(長い棒状のカギ)が紛失されていて、鍵があかないので、御社ホームページにあるように、+ドライバーを差し込んでトンカチでたたいて壊して開けようと考えております。

鍵は壊れても問題ありません。上記の方法でタンスのカギは壊れるのか少し心配です。タンスの写真と鍵穴など4点の写真をご送付します。引き出し部分と上段の開き部分の鍵が施錠されています。

施錠された引き出しの中には、スペアキーが入っていますので、鍵がかかった引き出しをあけたいので、どうぞ、ご指導宜しくお願いします。

安田屋家具店からの返信
和たんすの鍵は、基本的に2種類しかありません。鍵AとBの写真をご覧ください。

鍵Aは先端に切り欠きがあります。

鍵Bは筒の中に差し込みようの羽根が付いています。

鍵の構造をご覧ください。

鍵を飛び出すための部材に、鍵が挟み込み回転させることで、上部分が飛び出て鍵がかかる仕組みです。

鍵AまたはBでも鍵が開場できない場合は、別の種類の鍵だと思います。その場合は鍵が現存していませんので、鍵を壊しての解錠となります。

その作業手順をご説明していましたが、やはり防犯上の観点から掲載を取りやめました。詳しい手順を知りたい方は、メールにてお問い合わせください。ただしカギを壊す法は引出内部の木部(引出上部)が割れて破損することとなりますのでご了承ください。

鍵は1本税込み350円です。送料が別途必要です。

追伸
引出しが引き出せたとのことで何よりです。
鍵が必要な場合はいつでもお知らせください。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
3月 22, 2022 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply