TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

KSS刻印24×20丁番

I様からのお問合せ
タンス家具の蝶番が折れてしまいました。 近くのdiyで20×24のアングル蝶番を買って取り付けましたが埋め込み穴が合わず家具と蝶番の間が空いてしまいます。 大丈夫な方の写真を添付させて頂きました。

pdf 画像の29.5ミリの物を探しています。安田家具さんの昔の蝶番と同じ様です。

まだ在庫ありましたら4個注文したいのですが。 お返事お待ちいたします。

安田屋家具店からの返信
お問い合わせの中で「diyで20x24のアングル蝶番を買って・・・・」とありますが、20×24サイズの金具は現存しないので、24×20の間違いでしょうか。それとも20×24サイズの金具があったのでしょうか。

もしDIYで購入された金具が「20×24」だとすると、金具サイズが違いますので「24×20」の金具に買い直す必要があります。

お送りいただいた写真の金具の刻印は「24×20」なので、金具サイズは「24×20」です。

次に「pdf 画像の29.5ミリの物」の29.5ミリとは、どの部分のサイズでしょうか。扉にあいている円形溝にはめ入れる金具円形部分の直径サイズでしょうか。溝にはめ入れる部分の長さでしょうか。

KSS刻印の金具はすでに工場が廃業したため、まったく同じ金具は現存していません。そのため扉にあいている円形溝にはめ入れる金具円形部分のサイズが、破損金具と現存する代替金具とではわずかに異なります。KSS刻印の金具と同じサイズは無いので、扉の円形溝を彫り広げる作業が必用となります。

現在の金具をはめ入れる扉にあいている円形溝のサイズ図と、実際の扉の円形溝とを比較ください。

詳しくわからない場合は、破損した金具を安田屋家具店にお送りください。実物の金具を確認してご提案させていただきます。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
6月 7, 2022 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply