TOPページ » 四代目のつぶやき » この記事

暑中お見舞い申し上げます

暑中お見舞い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症第7波が拡大していますが、今日で7月が終わります。コロナ前であれば昨日の7月最終土曜日は「全国選抜長良川中日花火大会」が盛大に開催されていて、夏本番を感じたものですが、3年連続今年も花火大会は中止。

夏本番を感じることなく、猛暑と熱帯夜であっという間に8月がやってきます。

子供も大きくなって、プールに行くこともなくなりました。
四代目は今「プールか海に行きてぇーーー!!」と思っています。がっ、行く機会はないだろうねぇ。

連日の酷暑でお疲れモードの四代目ですが、連日新しい仕事が舞い込み、東奔西走しており、パソコンの前にじっくりと座って記事を書く暇がないのです。ありがたいことです。

昨日は30年ほど前に婚礼家具を購入されたお客様から、引越しで婚礼家具を持ってきたのだが、引越屋がたんすの組立ができずに帰ってしまったので、組み立てて欲しいとの依頼がありました。

四国 徳島県に工場があった「武内家具製作所」の懐かしいワードローブです。ちなみに四代目自身の婚礼家具もこの武内のワードローブです。

修行先の横浜伊勢崎町に立地していた「双葉家具」に勤務していた当時、担当者として「武内家具製作所」を取り扱っていたので、安田屋家具店にもどって直ぐに仕入・展示を行った懐かしい家具です。

扉取付けのためのスライド丁番金具本体と受座金具の接合ができなかったようです。高さ220cmの扉1枚に6個取付いているスライド丁番を、家具本体側板に取付いている受座金具に接合するのですが、コツがいるのです。長年携わった四代目は一人で難なくできる作業ですが、引越屋の若い作業員では難しいでしょうね。それも一人ではね。いや二人いてもできないか!!

引越屋が分解した時に順序立てて分解していなかったり、取外さなくてもよいネジを取外したりしていて、本来であれば簡単にササッとできる作業が、少々てこずってしまいました。それでも1時間程度で高さ220cmの5枚の扉を完璧に取付しました。お客様もお喜びになられたと同時に、引越屋の四苦八苦していた作業を見ていたので、ササッと簡単に取付けてしまった四代目に驚かれていました。

何といっても四代目、今年で家具屋業界40年ですからね。この程度の作業はササッとこなさないと話になりませんわ。

さあ、明日から8月。
酷暑とともに忙しい月になりそうです。
コロナに感染しないよう注意して、皆様のお役に立つようガンバリマス。

暑中お見舞い申し上げます。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
7月 31, 2022 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply