TOPページ » 四代目のつぶやき » この記事

聴神経腫瘍 2年前の3月9日

ちょうど2年前、四代目に見つかった「聴神経腫瘍」の摘出手術を東京警察病院 河野先生の執刀で行なわれたのでした。時が経つのは本当に早いもので、あれから2年が経過し、いまは手術前となんら替わらない生活に戻り、元気で仕事に取り組んでいます。手術側の右耳が失聴したので、ざわついた場所での会話や、右側から声をかけられたときには聞きずらいか、まったく聞こえない状態ですが、それ以外はふらつきやめまい、顔面麻痺もなく、普通に生活しています。聞きづらいといっても、まったく聞こえないわけでもなく、普通に手術前と同様の会話は成立していますし、人の話も聞こえていますので、なんら不自由は感じません。

手術後2年が経過したので、時系列に合わせて東京警察病院にて2011年に行なわれた四代目自身の手術体験記を再掲載しようと思います。今、聴神経腫瘍で大きな不安を抱えておられる方々の一助となれば幸いです。

河野道宏先生は、2013年4月から東京医科大学に主任教授として異動されます。そのため4月以降の手術などの詳しい情報は河野先生のホームページでご確認ください。【脳神経外科医 河野道宏先生のホームページ】

3月9日 手術後6日目

今日は水曜日。
河野道宏先生の回診日。
8時に河野先生率いる一団が来た。
ICUで見た布袋様もいた。

耳栓をしたままの状態を見て、河野先生が言った。
「回復は順調そうだね」
「それ何? 耳栓していたら聞こえにくいよ」緊張している病室内に笑顔が広がった。



ときたま頭頂部に「ズキン」と鈍痛が走る。神経がつながる瞬間なのだろうか。少しづつ頭頂部と右側頭部の皮膚を触ると自分のものだと言う感覚が戻ってきた。縫合部分はギブスを触っているように今もまだ自分の感覚ではなかった。

午前中、4人部屋には自分しかいなかったので、約1ヶ月過ごすこととなる我がスペースを記念撮影。

普通の笑顔。顔面麻痺は出ていないことに感謝。手術前と何も変わらない笑顔ができます。

これが約1ヶ月過ごす我が家です。狭そうに見えますが、十分な広さです。

反対側のベットスペースが空いていたので記念撮影。毎日こんな感じでベットの上で過ごしていました。ベットから見える光景は・・・。

プライバシーを保護するには、サッとカーテンを閉めます。多くの入院患者さんはカーテンをずっと閉めたままの場合が多いようですが、自分は狭苦しく感じるので、朝おきてから寝るまでの間はカーテンを開けたままの開放感を満喫していました。寝るときだけカーテンを閉めました。

ここまで順調に回復しているのを感じる。
食べて寝て、ゆっくり休息していく中で、体重が確実に増えている感じがした。ほとんど運動していないので当然と言えば当然。1日1食あたり約600カロリー。入院前ならお腹がすく量なのに十分事足りている。薄味も気にならなくなった。自分自身でも信じられないことである。

昼食後、発注してあった「イーモバイル」から宅配荷物が届いた。ワクワクしながら梱包を解いた。

ベットの上で説明書を読み、USBアダプターを触っていた。

USBアダプターの中からSIMカードが出てきた。
イーモバイルって、小さな会話のできない「携帯電話」なんだと思った。ナルホドネ。

午後からは、イーモバイルを携えて5階談話ラウンジで過ごす。

明日、2回目の洗髪を行うとの説明があった。ガァーーーン!! また不安になった。

この日初めて少し身体右側を下にして寝た。ただし顔は仰向けのままである。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
3月 9, 2013 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply