TOPページ » 四代目のつぶやき » この記事

聴神経腫瘍 2年前の3月12日

ちょうど2年前、四代目に見つかった「聴神経腫瘍」の摘出手術を東京警察病院 河野先生の執刀で行なわれたのでした。時が経つのは本当に早いもので、あれから2年が経過し、いまは手術前となんら替わらない生活に戻り、元気で仕事に取り組んでいます。手術側の右耳が失聴したので、ざわついた場所での会話や、右側から声をかけられたときには聞きずらいか、まったく聞こえない状態ですが、それ以外はふらつきやめまい、顔面麻痺もなく、普通に生活しています。聞きづらいといっても、まったく聞こえないわけでもなく、普通に手術前と同様の会話は成立していますし、人の話も聞こえていますので、なんら不自由は感じません。

手術後2年が経過したので、時系列に合わせて東京警察病院にて2011年に行なわれた四代目自身の手術体験記を再掲載しようと思います。今、聴神経腫瘍で大きな不安を抱えておられる方々の一助となれば幸いです。

河野道宏先生は、2013年4月から東京医科大学に主任教授として異動されます。そのため4月以降の手術などの詳しい情報は河野先生のホームページでご確認ください。【脳神経外科医 河野道宏先生のホームページ】

3月12日 手術後9日目

昨夜はずっとラジオを聴いていた。
病室「519号室」から見る外の景色は、ちょうど早稲田通りに面しているが何も変わらない。



普段通りに夜勤・日勤ナースの交代が行われた。かならず交代できる体勢がとられている。まさにすごい。完璧だ。完璧なまでの完全看護体制。安心して入院できる「東京警察病院」

一日中ラジオを聴きながら過ごす。

朝、担当医が包帯の具合を見に来てくれた。久しぶりにまじまじと担当医を見たら感じが違った。堂々としたいでたちで威厳があった。まさに頼れる医師だ。河野道宏先生の下で、毎日、聴神経腫瘍のスペシャリストとして知識、技術、数多くの経験を積んでおられる頼もしい人達である。河野先生のあとを継ぐ医師になられることを願った。担当医になっていただいたことに感謝。

昼食後は2回目の首下シャワー。
さっぱりしてから1階のコンビニに行った。

午後3時、何の前触れも無く突然、ふらりと一人で河野道宏先生が病室にこられた。笑顔で回復振りを見にこられた。今日の河野先生はとても気さくな雰囲気を漂わせていた。この時とばかりに「河野先生、ありがとうございました」と涙を流さんばかりの顔でお礼を言い、腫瘍を取り除いたゴッドハンドと力強く、そして固く握手をさせてもらった。一人感動してしまった。すると「ブログ着々と更新してるね」と言われた。恥ずかしかった。同時に「多忙な中、いつ見る時間あるのだろう」と思った。

病室内の入退院があり、とうとう古株No.2になった。
それだけ長く入院していることになる。
すでに入院以来12日が経過

ベットには、「診療科 脳外」、「入院日 3/1」、「手術日 3/3」、「主治医 Dr.河野」、「担当医 Dr.M、Dr.N」のプレートがついている。時が経つのは本当に早く感じる。ここまでは全て順調に回復している。河野先生と東京警察病院、病室担当ナースの皆さんに感謝です。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
3月 12, 2013 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply