TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

28年めの美殿町ガス灯夏祭

8月11日、12日は安田屋家具店が立地する美殿町通りにて、夏の風物詩ともなった「美殿町ガス灯夏祭」が開催されました。今年で28年めの開催です。

初日の11日午前中は、雷鳴轟き、土砂降りの雨となっていました。午後3時から美殿町通りを通行止にして、祭り屋台の準備に入るのですが、雨が止みそうにもありません。企画・立案・準備手配を行なった四代目としては、天の神に祈るしかすべがありません。その願いが天に通じたのか昨年に引き続き、今年も奇跡がおきたのです。雷鳴は轟くものの、午後3時になると雨が止みました。

すぐに天気予報を見てみると、閉幕時間の夜9時まで、美殿町付近には雨雲が通らない予報でした。ふぅーー!!

しかし開始時間近くまで雨が降っていた影響か、人出は昨年よりもなんとなく少なかったようです。美殿町ガス灯夏祭の詳しい内容は『美殿町ホームページ』に四代目が掲載しておきますのでご覧下さい。

当日の様子をご覧下さい。

一番左の写真のゲームは、四代目手作りのゲームなんですよ。

安田屋家具店も店頭に出店し、激安現品家具セールを行ないました。

夜8時からは、オカルト作家・研究家の山口敏太郎プロデュースによる「怪談話ライブ」を安田屋家具店北館1階にて開催しました。二日間で約100名ほどの方が、真夏の夜に怖ぁーい怪談話を聞いて、背筋ゾクゾクさせていました。

大学生による会場ライブ放送、街角コンサート、街中ビアガーデンも出現し、賑やかな夏の夜の美殿町となりました。

毎年恒例の「大ビンゴ大会」は、発売したばかりの「ニンテンドー3DS LL」などの豪華景品を商品にしたところ、二日間で600人ほどの参加者で賑わいました。このビンゴ大会の司会進行は、どういうわけか四代目が最初からやっています。かれこれ20年近くになりますね。過去に一度だけ、四代目の仕事の都合で司会進行ができないため、急遽「小林漆陶」の若旦那にピンチヒッターをしていただいたことがありましたが、うまくいかなかったとのことで、その後から仕事を入れないようにして、司会進行を四代目がやっています。

「Bの五番」とか、一回に40回ほど玉を引くので、司会を終えるとのどがつぶれてしまいます。
二日目の12日も、心配していたゲリラ豪雨、集中豪雨、夕立もなく、晴天に恵まれて開催できました。この美殿町ガス灯夏祭が終わると美殿町の各店舗はしばしお盆休みとなり、シャッターを閉めるので美殿町通りは閑散としてしまいます。お盆休みをしない安田屋家具店だけが、お盆期間中、美殿町通りで一番目立つ店舗になります。
でも美殿町通りを歩く人もいないのでお店が目立ってもね、、、、、、。

8月 13, 2012 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply