TOPページ »家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

DC COLDEA金具破損

安田屋家具店で最もお問い合わせの多い金具は「DC COLDEA」刻印の金具についてです。

安田屋家具店ホームページでもDC COLDEA刻印金具については多くご紹介していますが、今回もその一つです。

和歌山県U様からのお問い合せ
アングル蝶番 24×20「 D C C O D E A 」と書かれているものですが、貴社の製品写真とは側面側の形状が異なります、このような形状の製品は在庫があるのでしょうか? 宜しくお願いします。

KIMG0203

安田屋家具店からの返信
破損した「 D C C O D E A 」刻印の金具は、「DC COLDEA」刻印ではないでしょうか。この金具は工場が廃業したため存念ながら 同じ金具は現存していません。でも破損した金具の刻印24×20はサイズを表しておりますので、このサイズの 代替金具はございます。

このDC COLDEA金具の代替金具を多数お送りして、お客様自身で 取り替えられ、元のように扉の開閉が行えるようになったとのご報告を 受けています。取替に失敗した事例は無い様なので、U様の場合も 取り替えられると思います。

尚、代替金具はDC COLDEA金具と大きく違う形状が二つあります。 ひとつは家具本体側に取り付ける形状です。 DC COLDEAは十文字となっていて、後方に1本伸びている形状ですが、 代替金具は後方への伸び代がなく、楕円形状となっています。 後方への伸び代がない分、厳密に比較すると耐久性が低いかと思いますが 耐久性にそれほど大きな違いはないと思います。 写真上が代替金具、写真下がDC COLDEA金具です。

s-IMG_3596

二つ目は扉側の形状です。 DC COLDEAの扉側部分の横が直線的になっていて、全体的にはロケット型 となっています。代替金具は35mm直径の円形となっています。扉にあいている穴の大きさが横幅35mm、長さ35mmあれば代替金具は穴にはめ込めます。

KIMG02031

金具の長さは現在の扉に彫られている穴の長さよりも短くなっているので問題ないのですが、 横幅がロケット型から円形になったため、全幅で1mmほど大きくなっています。

s-IMG_3599

s-IMG_3600

そのため場合によっては現在の扉の穴の幅をヤスリ等で彫り広げる必要が ある場合があります。金槌で金具を現在の穴に叩き入れれば入るかもしれません。 実際に金具を穴に入れてみないとわかりませんが、場合によっては多少の 穴のサイズを彫り広げる作業が必要になるかもしれませんことをご了承ください。

金具は1個税込み450円です。送料は別途必要です。

DC COLDEA刻印24×20の代替金具は下記の当店ネットショップよりご注文いただけます。ご注文をお待ちしています。

baseロゴjpg

11月 19, 2015 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply