TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

続 スライド蝶番破損について

24年前にお父様に購入していただいた想い出の詰まった婚礼家具の扉丁番金具が破損した修理についてのお問い合せがあった船橋市のS様から返信メールが届きました。

S様より
ご丁寧なお返事いただきありがとうございました。丁番を1つ送付させていただきます。扉側の穴の直径は35ミリです。取り替え可能なものがあれば今回全て取り替えて大事に使っていきたいと思っております。

IMG_9211

安田屋家具店からの返信
金具が本日到着いたしました。早速破損金具と同じ工場の金具での代替金具を探しておりましたところ、破損金具と同じ形状の金具はすでに製造中止で現存していませんでした。

でもご安心下さい。

年数の経過とともに金具も進化しておりますので、同じ金具工場で現在も進化した金具を製作しております。その金具で取替修理はできます。扉側の金具、家具本体側の金具ともにセットでの取替が必要となります。

尚、取付けねじ穴の位置が変わりますので、金具取替作業は、前回のメールでご紹介したように扉を家具に取り付けた状態で取替えられれば、ネジ穴位置が違っても簡単に取替えられますので、その方法で作業して下さい。

代替金具の写真をご覧ください。写真の上部が破損金具、下部が代替金具です。

s-IMG_4487

s-IMG_4488

扉側に取り付ける部分はほぼ同じです。扉り穴に金具ははまりますし、ねじ穴もほぼ同じ位置なので、かたんんに取替えができます。違う部分は、家具本体側に取り付ける部分の形状です。取り付けねじ穴は4箇所となり、ねじ穴位置も変わります。

破損した金具の後継金具ですので代替金具としてご使用できます。

取り付けねじ穴位置が変わりますので、前回お知らせしたように扉が家具本体に取り付いた状態で、1個ずつ金具を取り替える方法で行えば簡単に取替えができます。

古い金具で破損していない金具は2個ありますでしょうか。すべての扉の金具の中で2個破損していない金具がありますでしょうか。2個破損していない金具があれば、今回の代替金具をお送りすればお客様自身で取替え修理ができます。

破損していない金具が2個無い場合は、扉を家具本体に取り付いた状態となりませんので、金具取替えが難しいです。代替金具の取り付け位置を考えなければなりませんので、一般の方が行うのには難しい作業となります。そのため家具専門家に修理を依頼した方が良いこととなります。破損金具が2個以上あるかご確認の上、ご連絡ください。

S様よりご返信
破損していない金具は2個あります。扉を取付けた状態で金具交換ができそうです。扉1枚に3個の金具がついていますので、扉2枚分の合計6個を注文させていただきます。

取付け説明書を作成して、金具6個と一緒に送る四代目でした。無事に取替修理ができることを願いつつ・・・・。

1月 7, 2016 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply