TOPページ »家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

熊本から災害用郵便届く

安田屋家具店には頻繁に全国から破損した丁番金具が送られてきます。破損した金具ではアングル丁番が圧倒的に多いです。スライド丁番の破損はそれほど多くないようです。 今日も2通、破損金具が入っているような厚みのある封筒が届きました。

s-IMG_5410

1通は四代目がはじめてみる「災害用郵便」と赤字で書かれた封筒でした。ご住所を見てみると・・・、

s-IMG_5411 s-IMG_5412

熊本市中央区のM様から送られてきました。
今も震度4とか3の地震が続いている「平成28年熊本地震」で被災された方ではないかと思います。何とかお役に立てればと思いつつ、封筒を開ける四代目です。 封筒の中からでてきた金具は・・・・、

s-IMG_5413

s-IMG_5414

K刻印のあるアングル丁番金具でした。 直ぐに金具の裏面を確認すると、「2020」の刻印がありました。「20-20」サイズの金具です。

s-IMG_5415

すぐに扉の穴にはめ込む円形部分のサイズを確認します。金具の幅となる直径は35mm、金具の長さとなる部分は27mm。よっし、この金具ならまったく同じ金具の在庫はあるので、M様のお役に立つことができます。

金具の円形部分のサイズを確認したのは、古い金具の場合、同じ「20-20」でも円形部分の長さが24mmと短い金具がある為なんです。もし短い金具であった場合、扉にあいている穴の長さを3mmほど彫り広げる作業が必要になってしまうからなんです。

M様からの手紙も同封されていました。
「前略、私は熊本地震で本棚(北海道民芸家具)が倒れて、扉の金具が破損したため、新しい金具を購入して修復しようと思って安田屋家具店に電話で相談させていただいた者です。

早速ですが、破損した金具とネジの見本を送付させていただきますので、何卒よろしくお願い申し上げます。必要とする金具の数量は6個、必要とするネジの数量は42本です」

安田屋家具店からの返信
このたびの熊本地震での被災にお見舞い申し上げます。
届きました破損した金具とまったく同じK刻印の「20-20」サイズの在庫はございますのでご安心ください。扉の穴にはめ込む円形部分もピッタリ同じです。ねじ穴の位置もピッタリ同じなので、お客様自身で簡単に取り替えられます。

ただし金具の色だけが異なります。破損した金具は「こげ茶色」ですが、現存しているK刻印の金具の色は「ゴールド色」のみとなります。

IMG_4110

金具の色は異なりますが、扉を閉めた状態ではほとんど金具は表面に出ませんので、全ての金具を取り替えられれば違和感はないと思います。 北海道民芸家具は、サクラ無垢材を使用したとてもよい家具なので、丁番金具を取り替えられて以前のようにご使用になられることをお勧めします。

もし扉のガラスが破損した場合でも、ガラスは簡単に取替えが出来るようになっていますので、ご修理してご使用になられることを願っております。

安田屋家具店では、7月31日まで、熊本地震復興支援事業として、熊本市への送料は安田屋家具店が負担し、お客様の送料を無料とさせていただいております。岐阜の田舎の小さな町の家具屋なので、大きなことはできませんが、少しでも被災された方々の支援となればと考えています。

今回のM様の場合も、商品代金のみのご負担とさせていただきます。さらに急ぎご修理を必要としておられると思いますので、一日でも早くお届けできるように本日、代金引換にて発送させていただきます。もちろん代引手数料も熊本地震復興支援事業として、安田屋家具店が負担し、お客様は無料とさせていただきます。

同じ日本人として、もちつもたれつ、お互い様の精神のもと、四代目を筆頭に安田屋家具店スタッフ一同、熊本復興のために現実的に何ができるかを考え、実行させていただきます。

5月 9, 2016 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply