TOPページ » 四代目のつぶやき » この記事

地下展示場30㎝浸水被害

7月5日からの大雨の影響により、安田屋家具店にも重大な浸水被害にあってしまった。

6日の閉店時の7時には地下展示場に浸水はなかった。

その後、夜9時過ぎにエレベーターを動かしたところバシャンという水音をスタッフが聞いたらしいのだが、まさか地下室が浸水しているとは思うはずもなかった。

深夜から朝にかけて密かに地下室ではこんな状態が進行していたんです。

翌7日の出勤後、昨日夜の話を聞いた四代目は、エレベーターシャフト内に雨漏りの水が溜まっていることを保守点検業者から聞いていたので、その水が多くたまったことがバシャンという水音になったんだと考えていた。まさか地下室が浸水しているなんて、だれが思うでしょうか。

で・・・、階段で地下に降りていくと四代目のの目の前には異常な光景が広がっていた。

なんと地下展示場が30センチ浸水していた。
びっくりした四代目は、すぐさま水につかっている家具を移動作業に入った。その後、ポンプ業者や建築屋、水道工事者など手当たり次第に電話してみたものの、土曜日でまつたくつかまらない。

つかまっても他にも同様の事例が多発していて、貸し出すポンプもない状況だった。

仕方がなく、スタッフと二人でバケツリレーをして途方もない量の水を排水するのでした。地下から1階の階段往復を何回したことやら・・・。先の見えない、焼け石に水的な作業ではあるものの、やらないよりはましです。

いつ終わることやら‥‥、さらには地下室復旧にお金がかかってしまいます。困ったものです。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
7月 7, 2018 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply