TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

婚礼箪笥の丁番破損

名古屋市のI様から、ご婚礼洋服たんすの扉丁番金具が破損したので取替え修理に関するご相談があった。

I様より
この度、婚礼タンスの蝶番が壊れてしまいその修繕見積もりをお願いしたく問い合わせさせていただきました。

今回壊れているのは3つ扉がある内のひとつで、蝶番が4つ取り付けてあり、1つは紛失、他3つは今にも壊れそうな状態です。

蝶番の型番も分からず、素人では取り付けが難しそうな代物のためできれば修繕をお願いしたい所存です。

もし修繕できるのであれば見積もりはおいくらになりますでしょうか?お忙しいとは思いますがお返事お待ちしております。

安田屋家具店からの返信

破損金具の写真を確認しました。名古屋市への出張修理はできますのでご安心ください。写真からでは代替金具の特定ができませんのでお手数をお掛け致しますが、丁番金具を下記住所までお送りください。扉側についている丁番本体と家具本体側に付いている受座金具の両方をお送りください。

たんすの写真、金具の写真から判断するとスライド丁番金具の「半カブセ」タイプではないかと思います。扉にあいている穴の直径は35mmだと考えられるので、同系の代替金具はあります。

また出張修理の場合、金具代金以外に出張取付費が必要となりますので、一般の方でも簡単に丁番を取替えられる方法をご説明いたします。

まったく同じ金具は現存していないと考えられます。そのため取付ネジ位置が現在の位置と異なります。そのため扉を家具本体から取外した状態で金具取替を行った場合、取付ネジ位置が異なるため、どの位置に新しい金具を取付けたらよいかわかりません。長年の経験数と技術が伴うからです。

そんな場合は、破損していない丁番金具を他の扉から取外して、丁番金具を取替えたい扉に取付けます。今回の場合は他の扉から破損していない丁番金具を4個取外して、丁番金具を取替えたい扉に取付けます。破損した金具と同じなので取付ネジ位置も同じです。

そのため破損した丁番金具が取付いていた扉は簡単に家具本体に取り付けることができるはずです。

扉を家具本体に取り付いた状態で、真中(今回4個付いているので上から二つ目)の古い金具を取外し、新しい丁番金具を取付けます。その方法は、古い金具を取外した後、新しい金具を扉にあいている穴にはめ入れて2か所のネジで止めます。

扉に金具が取付いたら、受座金具が付いている側を家具本体の側板に押し付けます。代替金具によって違いますが、2か所または4か所の取付ネジ位置でネジを締めて金具を取付けます。次に上から三番目、次に一番下、最後に一番上の丁番金具を同じように取り換えていきます。

家具本体に扉が取付いた状態で新しい金具に取り換えれば、取付ネジ位置を考えることなく自動的にネジ位置が決まります。そのため一般の方でも簡単に取り換え修理ができるのです。ご自身で行えば、金具代のみでの修理と安価になります。

Do It Yourself

あなたにもできます!!

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
10月 30, 2018 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply