TOPページ » 商品紹介 » インテリア雑貨 » この記事

イタリア製手彫彫刻花台

ペルシャ絨毯では、製作されてから50年以上経過したものを「セミ・オールド」、100年以上経っているものを「アンティーク」と呼ぶことを安田屋家具店で毎年1回開催していた「伝統・匠の芸術逸品展」で学びました。

先日来ご紹介しているイタリア製手彫り彫刻花台は、1970年代に東京国際家具見本市にて三代目 鉄郎が購入した商品なので、あと少しで「セミ・オールド」商品と呼べるようになります。

アンティーク家具と呼ぶにはまだまだ半世紀あります。

本来は当時のブラウン管テレビを乗せるテレビ台として製作されたようで、天板が360度回転します。

テレビ台以外にも電話台、

電話を取ってメモ書きするには程よい高さです。

FAX台としての使用も丁度良い高さになっています。

いろんなことに使用できる多目的な台です。そうそう、最近よく見かける会社の玄関入口に受付担当者を置かずに、各部門に繋がる内線電話を置き、来客者にはその電話で訪問相手に電話をかけるようにする時に案内電話台として使用すると会社の品格が向上すること間違いありません。

40数年間安田屋家具店の非売品として家具展示の装飾として使用していましたが、今回現品処分として大放出します。

購入した1970年当時の定価で40万円。40数年の間に物価は約2倍になったそうなので単純計算した現在の定価としては80万円相当になります。

それを現品処分価格として税込み・送料込み21万円です。消費税も、送料も込み価格ととってもお値打ち価格です。

1点限りの商品なので亡くなり次第販売終了となりますのでご了承ください。同じものはもうありません。

【関連記事】
イタリア製木製彫刻花台
Lavorazione artistica del legno

安田屋家具店実店舗で販売していますが、当店オンラインショップでも同時販売していますので、24時間365日いつでもお買い求めいただけます。ぜひお早めにご注文ください。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
12月 2, 2018 · Posted in インテリア雑貨, アウトレット  
    

Comments

Leave a Reply