TOPページ » 四代目のつぶやき » この記事

ありがとうショーケン

昨晩3月28日夜、四代目にとってとてもショックなニュースが流れた。わが青春の1ページである「ショーケン」、萩原健一さんが亡くなった。今朝の朝刊にも掲載されていた。

そんなぁー。
まだ68歳じゃないですか。

四代目にとってのショーケンは、おさむちゃんこと木暮修(こぐれおさむ)であり、さぶちゃんこと片島三郎なのです。

そう、木暮修(こぐれおさむ)は、中学生の時に夢中になって毎週見ていた「傷だらけの天使」の役名。何度も再放送があり、大人になってからも随分と見ました。ほぼすべての場面を覚えてます。オープニングが特に印象的で、曲も忘れ難いですよね。

2017年にBSで再放送があった時は、初回から最終回まで全て録画しました。

弟分の水谷豊演じる「乾亭(いぬいあきら)」を「あきらぁっ」と呼び、「兄貴ぃー」と答えるシーンが印象深い。

修が子供の名前を話す時「高倉健の「建」と、菅原文太の「太」を取って「健太」と名付けた」というセリフは忘れられない。その他にもどうしても頭から離れない名曲がある。

♪♪たまらん、たまらん、たまらんぜぇー、たまらん、こけたら、みなこけた、たまたまらん♪♪

中学生時代に何気なくよく口ずさんだものです。

そして四代目の高校時代は何といっても「前略 おふくろ様」のさぶちゃんですよ。夢中になって見て、さぶちゃんの話し方を真似したものです。

「あいゃぁー・・・・」
「・・・・すか」
「・・・・すよ」のような語尾に「す」が付く話し方を真似していた時代でした。

「傷だらけの天使」「前略おふくろ様」は、まさに四代目の青春そのものです。

ショーケンが亡くなったことは、四代目の青春がまた一つ無くなったことです。菅原文太兄ぃに続き、ショーケンまでも・・・・、寂しすぎます。

今年3月初旬からどういうわけか無性に「前略おふくろ様2」を見たくなって、毎晩家族が寝静まってから一人パソコン画面でyoutubeにアップされている1話~24話最終回まで見ていました。

そして奇しくもショーケンが無くなった3月26日に、最終回を見終わったのです。その二日後にショーケン死去のニュースを見た。虫の知らせのようなものを感じたのでしょうかね。

「前略おふくろ様」の主な登場人物である、さぶちゃん、おふくろ様、かすみちゃん、半妻さん、利夫さん・・・が現実的にもいなくなり、海ちゃん、秀さん、別田上の若女将、川波の女将さん、政吉さん、修さんが残るだけとは寂しい限りです。

前略おふくろ様。
四代目も先日59歳になったわけで、これからも一つずつ青春が無くなっていくわけです。今の若者にはショーケンがジイさんにに見えるかもしれないけど、昔は若かったこと、かっこよくて、それでいてどこかお茶目で、みんながあこがれていたこと、俺はそれを絶対忘れないわけで・・・・。

ショーケン!!
ありがとう!!

合 掌

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
3月 29, 2019 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply