TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

丁番24-20 国産品消滅

先日お伝えしたアングル丁番金具の日本国内での国産品の生産が終了したことをお伝えしましたが、終了が決定した2019年3月時点では工場が在庫している数量はすぐには無くならないと考えていたが、甘かった。

日本国産の丁番は「RABBIT」刻印があるのですが、すでに現存していないDC COLDEA刻印の代替金具として「24-20」サイズが多数ご注文をいただいています。安田屋家具店の在庫が無くなったので、いつものように金具問屋に発注をした。すると・・・・、

金具屋の大将から思いもよらぬ返事があった。
「四代目、24-20サイズの在庫はもう無くなったよ」

えっ、えっ、えっーーーーー!!!!!
だって3月時点で1,020個の在庫があったじゃん。全国で安田屋家具店ともう1店の2店舗しか発注してないって言ってたじゃん。今は7月だから4か月で1,020個無くなったのかぁー。

どこの店が買い占めたんじゃーーー!!!

困った、困った、コマドリ姉妹。
いやぁーー、ホント困った。
他の金具問屋に確認しても、同じように「24-20」サイズの丁番の在庫は無いという。

お問い合わせのアングル丁番24x20のサイズは申し訳ございません。先日、廃番商品になり在庫もございません。大阪市H金物株式会社

ない、無い、ない・・・、どこにもない。

四代目が知る限りの全国の金具問屋に尋ねまわった。
そしてやっと、問屋さんの問屋さんのさらにその先の問屋さんに1箱30個のみがあるのにたどり着いた。直ぐに発注。即金で購入する四代目でした。

しかしいつもよりも問屋さんを2個通っているので、かなり高い金額になってしまった。しかし仕方がない。日本中、いや世界中どこを探してもこの30個が最後の日本国産の「24-20」サイズの丁番である。中国産とは比較にならないほど耐久性が優れた金具である。今となっては貴重な30個である。

そして最後の日本国産「24-20」サイズの金具30個が届いた。

箱にはおなじみのRABBITマークに手書きのサイズ24×20、個数30の明記がある。

箱の中身を確認すると、こげ茶色のGB色24-20サイズ丁番が上下に15個づつ入っていた。

最後の、最後の日本製、国産の丁番24-20です。
最後の30個が入荷するまでに安田屋家具店オンラインショップの「24-20」サイズの金具はSOLD OUTになっていて、在庫が0となっているので、多くのお客様からお問い合わせをいただいている。直ぐに30個が入荷したことをお伝えした。

ただいつもより問屋さんを2個通過しているので、価格が今までの価格の1.85倍、税込み980円となってしまった。四代目としてはとても心苦しいのですが、しかたがありません。誠に申し訳ございません。

DC COLDEA刻印の蝶番が破損したお客様からの問い合わせが多く、3名のお客様から合計14個のご注文をいただいた。

そのため8月11日現在、16個のみの在庫となりました。これ以外にRABBIT刻印の日本製、国産の丁番はどこを探しても無いものと思います。ご入用のお客様は早期にお買い求めください。

この記事で紹介している日本製・国産アングル丁番24-20サイズは、365日24時間いつでも安田屋家具店オンラインショップにてお買い求めいただけます。在庫が無くなり次第、国産品は無くなりますのでご了承ください。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
8月 11, 2019 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply