TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

ワンタッチスライド丁番取付方

先日家具本体の内側に扉が収まる方式に使用されている「インセット」スライド丁番の代替金具をお送りしたF様に、破損した金具との取付方法が若干異なるので、その説明をしました。役に立つ情報なのでお知らせします。

今回見つけた代替金具は、スライド丁番金具本体と受座金具との接合方法がワンタッチで行えるタイプです。

破損金具は従来からあるビスで接合するタイプでした。

一般の方でも失敗しないスライド丁番金具(ワンタッチ式)の取替え方

  1. まず最初に家具本体に扉が取付いている状態で、上部または下部から1個1個金具を取替えていきます。家具本体から扉を取外して金具交換を行なった場合、家具本体に取付ける受皿金具の取付けネジ穴位置が同じではないため、扉の取り付け位置が微妙に変わります。そのため扉の開閉に支障をきたします。
  2. 次に扉に固定している古いスライド丁番金具のカップ固定ネジを外します。次に家具側板側の古い受皿金具固定ネジを取外し、古いスライド丁番金具を受皿が付いたままの状態で外します。
  3. 古いスライド丁番金具を取外した後、新しいスライド丁番金具のカップを扉側の穴に入れて固定ネジで止めます。この時スライド丁番金具には受皿金具が取付いた状態で取替えます。次に家具側板側に新しい受皿金具の2箇所のネジ穴にネジを入れて固定します。
  4. 上記の1・2・3と同じ作業を金具の個数箇所分繰り返し行ないます。全ての古いスライド丁番金具を全て新しい金具に取替えが終わり、固定ネジを全て確実に締め付けができたことを確認します。固定ネジが確実に止められていないと、スライド丁番金具が使用中に外れる場合がありますのでご注意ください。
  5. 全てのスライド丁番の取替えが終わったら、一度扉を家具本体から取外します。スライド丁番金具の一番後側の黒色部分を押します。すると家具側板側に取り付けた受皿からスライド丁番金具が外れます。
  6. 家具本体から扉を取外した後、家具側板側に取付け受皿の前部に隠れていたネジ穴がありますので、ネジを入れて固定します。受皿金具は3箇所のネジ穴を使用して家具本体に固定するようになっていますが、前部のビス穴はスライド丁番金具本体と受皿金具がセットしてある場合見えない場所にあるため、一度扉を取外す必要があります。
  7. 受皿金具の3か所のネジ穴を全てネジで固定し終えたら、扉を家具本体に取り付けます。まず最初に扉一番上のスライド丁番金具から取り付けます。右の写真のスライド丁番金具丁番部分に受座金具の先端を引っ掛けた後、スライド丁番金具本体の後部を受座金具の後部に引っ掛けた後、押し付けます。パチンと音がして受座金具と密着すれば取付完了です。
  8. 次に2番目、3番目、最下部のスライド丁番金具を同時に同じ方法で受座金具に引っ掛けた後、パチンと音がするまで押し付けます。すべての金具が受座金具に密着して取り付いているか必ず確認ください。たまに外れている個所がありますのでご注意ください。

ワンタッチ式スライド丁番脱着方法
ワンタッチ式のスライド丁番本体と受座金具を取外すのは簡単です。スライド丁番本体の後部にある黒色の樹脂部分が取外しボタンとなっています。

黒色ボタンを押すと、スライド丁番本体が受座金具から外れます。

外したスライド丁番本体を受座金具に接合する場合は、スライド丁番本体の後部を受座金具の後部に引っ掛けるようにします。

受座金具に引っ掛けたら、スライド丁番本体の前部を受座金具にパチンと音がするまで押し付けます。

パチンと音がすれば接合完了です。
家具に取りついていない状態ですと簡単にできますが、スライド丁番本体が扉に、受座金具が家具本体に取り付いた状態ですとなかなか難しいかもしれません。何回も行うとコツがわかるので、そうすると簡単なんですけどね。

扉には通常3~4個金具が付いているので、まず最初に一番上の金具を受座に取付けます。その後、下部に付いている金具を同時に受座に取付けるようにしてください。1個ずつ順番にやっていくと、下部の金具が取付けにくくなりますのでご注意ください。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
4月 15, 2020 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply