TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 椅子張替え » この記事

鏡台スツール張替完了

以前ご紹介した鏡台にセットで付属するドレッサースツールの座面と背面裏側部分の張替修理をご相談いただいたO様から、張替依頼がありました。

張替前の布地は、ドレッサースツールによく使用されていたクラッシック花柄でした。

背面は、裏側部分のみ布地張りになっていました。
張替に際して、現在と同じような花柄布地をご提案いたしましたが、イメージをガラッと変えたいとのご希望がありました。他の柄布地や無地などをご提案した中で、現在のインテリアイメージによく使用されるすっきりとしたストライプ柄をお決めいただきました。

お預かりして3日で張替作業が終了し、お届けすることができました。職人さんありがとう。

イメージがガラッと変わりました。
気品があり、エレガントで、落ち着いたドレッサースツールとなりました。座面中身ウレタン材も補充しましたので座り心地も新品時にもどりました。お客様もご満足いただけました。

婚礼家具需要が無くなり、鏡台を持参されることも無くなったので、昔はよくみられた今回のようなドレッサースツールは今あまり見られなくなりました。鏡台を生産する工場が激減し、鏡台の生産数も激減しているので、ドレッサースツールも激減しています。

今となっては貴重なスツールなので大切にご使用いただくことを願っています。

今回の張替費用は、5,000円/mの布地を使用して、
税込11,800円(2021年5月時点)です。布地の単価によって若干価格は変動します。張替を希望される場合はぜひ安田屋家具店にご相談ください。無料でお見積りいたします。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
7月 3, 2021 · Posted in 椅子張替え  
    

Comments

Leave a Reply