TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

続 飛鳥民芸たんすの金具

飛鳥民芸たんすに使用されている取手金具の取替修理に関する続報です。

ご相談いただいた岐阜市のY様が引出を安田屋家具店にご持参いただきました。破損した金具を見て、早合点してしまったことを反省する四代目でした。ただまだ取替え用金具の手配はしていなかったことが幸いでした。

四代目が想像していた取手金具とは違った。

鍵座付の飾り取手金具だった。

ただ破損した個所は同じ。湾曲型の持ち手金具の根元部分がポキッと折れて外れてしまっていた。電話でお聞きした時に想像した金具と異なるので、お伝えした金具価格よりも少々高くなることをお伝えして、引出しをお預かりした。

引出内部には「工芸家具 飛鳥 欅箪笥」の焼き印があった。

破損した鍵座付飾り取手金具を引き出し前板から外してみた。引出内部の金具取付ナットを緩め、前板全面の金具飾り部分が浮き上がらないようにしてある4か所の隠し釘を抜く。

これで金具が引出前板から外れる。

金具取付用の糸ネジも金具本体から外れるようになってしまっていた。糸ネジをねじ込んでいる穴がバカになっているのが原因。

直ぐに新しい金具を金具工場から取寄せるように手配した。今回の取替は1個だけなので、取寄せ送料が税込み1,100円必要であることをY様にお伝えした。入荷まで2~3日待つことになった。つづく

関連記事
飛鳥民芸たんすの金具
民芸箪笥の取手金具

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
8月 3, 2021 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply