TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

板垣死すとも自由は死せず

表題は歴史上の人物、明治時代に活躍した「板垣退助」氏の言葉です。

この言葉を残すこととなった板垣退助氏が胸を刺された場所が現在の岐阜公園の中にあります。詳しくは写真をご覧ください。そしてこの案内文とともに板垣退助氏の銅像も建っています。その銅像の前で四代目も同じポーズで・・・・・。

一緒に岐阜公園に来た娘も・・・・・、

二人して何をしてるんでしょうかネェー。どうもすみません。
岐阜公園の紅葉は真っ盛りで、まっ赤っかの木の前で記念撮影。
この続きは下の(READ MORE) をクリックしてね

四季のある日本はいいもんですね。

そして岐阜公園も23億円の費用をかけて整備し直したんです。でもなんだか「鳥骨鶏ラーメン」だけが目立っているような・・・・???遊具も無くなってしまったし・・・。昔々、四代目の子供時代、そう昭和40年前後の岐阜公園は「ライオン」「サル」「クマ」「ペンギン」等がいる動物園もあったんですよ。岐阜県立図書館もあって中学生時代にはよく通ったものです。懐かしいなぁー。今の様子は・・・・。

この写真の手前には立派な城門が建立され、そしてJR岐阜駅前に建っている「黄金の信長」の対の「若かりし日の信長」象が城門の横に建っています。こちらの象はさすがに黄金ではありません。

「はいそれでは、若かりし日の信長ポーズお願いします」てなことで、

親子揃って何してるんでしょうかね。
のどかな一日でした。

12月 1, 2010 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply