TOPページ » 聴神経腫瘍闘病記 » 聴神経腫瘍摘出手術 退院後 » この記事

11年前の今日は手術日

今日3月3日は、11年前の2011年に東京警察病院 脳神経外科 河野道宏先生の執刀による四代目の「聴神経腫瘍」摘出手術が行われた日です。早いもので術後11年が経過しました。

詳しくは当時の体験記をご覧ください。

聴神経腫瘍手術体験記5

聴神経腫瘍手術体験記7

聴神経腫瘍手術体験記8

腫瘍を摘出した右耳の聴神経は切断したため、現在も右耳の聴力はありません。左耳だけで聞き取っていますが、普段生活においては特段不便なことはなく、手術前と同じような生活を過ごせています。

平衡感覚をつかさどる神経は温存していただけたので、めまい等はなく本当にありがたいことです。耳鳴りも一切ありません。

毎年1年に1回、東京警察病院 脳神経外科の外来で、MRI検査、河野道宏先生の定期検診を受けています。11年間再発も無く、河野先生に感謝しかありません。

今この記事を書いている時間、11年前は手術が終わり、ICUに入ったころです。ICUでの約24時間は、思い出しても本当につらい時間でした。あのような体験は二度と経験したくないですね。

11年後の今日、何気ない街の風景を見られていることに感謝です。ふと、そんなことを思う1日でした。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
3月 3, 2022 · Posted in 聴神経腫瘍摘出手術 退院後  
    

Comments

Leave a Reply