TOPページ » 四代目のつぶやき » この記事

アベノマスクが届いた

先日、日本通運の不在票が自宅に入っていた。

「厚生労働省様より」となっている。
厚生労働省からいったい何の届け物があるのだろう??

あっそうか、60歳以上の四代目に「第4回目のコロナワクチン接種券」かなと一瞬考えたものの、接種券は岐阜市から送られるものであって、厚生労働省から届くはずはないか。何だろう。

週明けに再配達された。
大きなダンボール梱包物であった。
厚生労働省 医政局経済課の表示がある。

厚生労働省からこんな大きな荷物って何だ???、あっ、これって、もしかして、大量に余ってしまって倉庫保管費が6億円かかって、廃棄するにも何千万円も費用がかかるので、希望者に無料で配布すると話題になった「アベノマスク」じゃないか。

そういえば商店街イベントで無料配布するのに使えるなと思い、布製マスクの無料配布を1月にオンラインで希望したっけな。すっかり忘れてた。在庫の3.5倍の数量の申し込みがあったそうで、美殿町商店街へは入荷しないだろうとあきらめてたので、すっかり忘れていた。

開梱してみると、、、、

見覚えのある「アベノマスク」だ。
600枚入っている。

美殿町商店街で今後開催する「美殿町本通り(ブックマーケット)」、「美殿町秋祭」の会場内で、無料配布しましょう。血税を使って作った折角のマスク。無駄にしないようにしましょう。モッタイナイ。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
5月 30, 2022 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply