TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

聴神経腫瘍 2年前の3月7日

ちょうど2年前、四代目に見つかった「聴神経腫瘍」の摘出手術を東京警察病院 河野先生の執刀で行なわれたのでした。時が経つのは本当に早いもので、あれから2年が経過し、いまは手術前となんら替わらない生活に戻り、元気で仕事に取り組んでいます。手術側の右耳が失聴したので、ざわついた場所での会話や、右側から声をかけられたときには聞きずらいか、まったく聞こえない状態ですが、それ以外はふらつきやめまい、顔面麻痺もなく、普通に生活しています。聞きづらいといっても、まったく聞こえないわけでもなく、普通に手術前と同様の会話は成立していますし、人の話も聞こえていますので、なんら不自由は感じません。

手術後2年が経過したので、時系列に合わせて東京警察病院にて2011年に行なわれた四代目自身の手術体験記を再掲載しようと思います。今、聴神経腫瘍で大きな不安を抱えておられる方々の一助となれば幸いです。

河野道宏先生は、2013年4月から東京医科大学に主任教授として異動されます。そのため4月以降の手術などの詳しい情報は河野先生のホームページでご確認ください。【脳神経外科医 河野道宏先生のホームページ】

3月7日 手術後4日目

朝7時50分、河野先生が病室に来てくれた。

その直ぐ後、早朝から採血だった。右腕の静脈に針が刺された。チクリとしたが痛みは小さかった。最近の針はあまり痛くない。


8時56分、手術時から左手甲の静脈に刺さっていた点滴針が抜かれ、点滴が終わった。点滴に代わって薬が処方された。何気なく窓の外を見ると、雪が降っていた。室温25度に調整された病室内にいると外界の温度が想像できない。

自分で蒸しタオルをもらい身体を拭き、新しい下着に着替える。リフレッシュできた。

立ち上がると軽い脳振とうのようなふらつきを感じた。縫合した部分とは違う頭頂部が、時々「ズキン」と痛みが走った。耐えられる痛みである。切れた神経がつながる瞬間なのだろうか。何となく頭頂部が徐々に自分の感覚が戻りつつあることを感じた。

夕方担当医が来た。
「明日は洗髪してから、傷口を消毒しましょう」と言った。
即座に「ゾッ」と身震いした。
「えっ! センパツ。まだ早いんじゃないですか」
「大丈夫ですよ」
「・・・・・・」

この日はこれ以上何もなかった。
一日ゆっくりと休養し、回復を待つ。
ベットの角度を12度に下げた。

3月 7, 2013 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply