TOPページ »家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

壊れたアングル丁番金具

20年位前の本棚の丁番が孫のいたずらで破損してしまいました。(扉には4個の丁番がついているのですが、4個とも破損しています)丁番の縦(上下)の長さは38mm、扉側の奥行の長さは26mmで、アングル丁番です。側板の厚さは24mmです。丁番への刻印は「2」だけしかありませんので、どこの製品か全然分かりません。もしお分かりでしたら教えていただくようお願いいたします。

安田屋家具店からの返信
実際の金具を見ておりませんので正確ではありませんが、 家具本体の側板の厚みが24㎜、丁番の縦(上下)というのは 扉側に彫られている円形の直径だと思いますが、それが 38㎜、扉の厚みが20㎜だとすると、アングル丁番金具の サイズは「20-24」ではないかと判断します。 この「20-24」サイズは、洋服タンスに多く使用されていたようで、 当店へのご相談も多々あるサイズです。

この「20-24」サイズ(扉厚20㎜、側板厚24㎜)の アングル丁番金具は残念ながら製造中止で現存していません。 ちなみにこの逆のサイズ「24-20」(扉厚24㎜、側板厚20㎜)は、なぜだか現存しています。この24-20のサイズ図を添付しましたので ご自宅の金具と比べてみてください。

24-20

24-20-1

24-20-2 コピー

24-20se3


ではこのような現存しない金具の修理の場合、 扉に加工をしなくてはなりませんが、「アングル丁番金具」から 「スライド丁番金 具」に取り替えるという方法での修理は可能です。 これにより以前のように扉の開閉がスムーズに行えるようになり、 また長くご使用いただくことができます。 お客様自身での取替え は難しいので、そこはプロにお任せください。

扉の加工が必要となりますので、扉のお預かり、ご自宅での 扉取り付け作業を考慮すると、ご自宅近辺の昔から続いている 街の家具屋さんにご相談されることをお勧めします。 今主流のインテリアショップでは修理不 可能で すが、 昔から続いている街の家具屋さんであれば、当然修理方法は 知っておりますので、ご相談されれば「アングル丁番金具」を 「スライド丁番金具」に取り替 えることはできるものと思います。

岐阜市近郊であれば安田屋家具店が赴きますが、ご遠方の 場合はできませんのでお許しください。 お役に立つ情報であれば幸いです。 家具の修理を終え、また愛着を持ってご使用いただくことを 願うばかりです。

回答ありがとうございました。お答えいただいた金具は、少し違うようなので、写真を添付します。たびたびお手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。

s-IMGA0180

s-IMGA0182

s-IMGA0181

s-IMGA0183

安田屋家具店からの返信
お送りいただいた写真の金具を探してみましたが、残念ながら今では現存していない金具で見つかりませんでした。前回ご案内いたしましたように、現在のアングル丁番金具からスライド丁番金具に取り替える修理方法になるものと思います。ご自宅近辺の昔から続いている 街の家具屋さんにご相談されることをお勧めします。

何度もお手数をかけ申し訳ございません。
ご提案いただいた方法での修理を前提にして、家具屋さんと相談してまいりたいと存じます。 ありがとうございました。

4月 7, 2013 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply