TOPページ »家具リフォーム・修理 » 椅子張替え » この記事

アルフレックス製Aソファー張替

四代目が愛して止まない、愛用のパーソナルチェアー「マレンコ」を製作しているアルフレックス社製のソファー張替えについてのお問い合わせです。

アルフレックス製A Sofa (Aソファー)のメンテナンスを考えています。安田屋家具店ホームページでサンゲツ製布地を活用した事例を拝見し、お問い合わせします。1989年頃に購入したもので、当時確かA Sofa Compactと呼ばれ、A Sofaより一回りコンパクトなソファーです。 右片アームソファ、左片アームソファ2個の組み合わせで、幅が各々0.9mくらい(組み合わせて約1.8m)のものです。 背、座、肘のクッションは、既に無く、現在ベースのみ残っている状態です。

このベース(2脚)の張替え、また背、座、肘のクッションを各々2個づつ(左右1個づつ)新規にしたいと思いますが、神奈川県川崎市からの引き取りと作業後の配送料込でお見積りいただけないでしょうか? 宜しくお願いいたします。

AS_01

安田屋家具店からの返信
Aソファーは、椅子本体は総布張りで、背・座・肘クッションが取り外しができるタイプです。一般的な椅子張替の部類に入りますので安田屋家具店でも張替を行います。

ただ問題なのは、背、座、肘クッションがなくなっていて、中身のクッション材を製作しなければならないことです。地方の椅子張り職人では、高級家具工場であるアルフレックス社が使用しているクッション材に近い材料を用意することができません。特に座クッションの座り心地がイメージと違う感触になることが多々おきます。

またご遠方のお客様にとってソファー張替では、当店までの往復の運賃負担が大きくかかってしまいまいますので、あまりお勧めしていません。お住まいの川崎市であれば、当店も取引をしている張替工房があります。技術面に優れ、修理費用もお値打ち価格です。ご紹介します。

川崎市川崎区大川町にあります「キルト工芸」です。

ネットで見積依頼もできます。同じ川崎市内なので、搬出・搬入作業も行ってもらえると思います。岐阜市の安田屋家具店からの紹介と伝えれば親切に対応してもらえると思いますので、まずは「キルト工芸」にご相談されることをお勧めします。

11月 28, 2014 · Posted in 椅子張替え  
    

Comments

Leave a Reply