TOPページ »家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

見本金具が届いたのですが

先日、アングル丁番金具24-20を1個、お試しとしてお買い求めいただいたお客様からお問い合わせが届いた。

安田屋家具店では、お客様のためを思い、破損した金具が同じ金具なのだろうかと迷われることが当然あるものと考え、各サイズともに全国一律料金、さらに送料・税金込み価格での「お試し金具」を販売しています。詳しくは下記をご覧ください。

baseロゴjpg

丁番早速取り付けようとしましたが、扉側溝穴の円弧状の曲線の終端位置が、当方のものがわずかに短く、(極せまい箇所で上下の幅がほんの1ミリほど狭く、)結果はまりません。見本のものは、先端側が半円形以上の円弧なのに対して、当方のものは先端側が半円よりわずかに短い円弧の位置で上下が平行線状になっているのです。約35年前の大進工業製の食器棚についている金具です。

安田屋家具さんのもので、別の丁番金具24-20に変えても同じことでしょうか?
これ以上のものが手に入らないのであれば、修理屋さんに溝の上下をわずかに削ってもらって嵌めてもらうべきか、ほかに代替品がないか悩んでいます。全部で15個の丁番が必要な棚です。 よろしくお願いします。

安田屋家具店からの返信
アングル丁番金具24-20ですが、現存している金具はどれもお送りした金具と同じ形状となります。今回お送りした「RABBIT」以外の工場の金具も24-20サイズに関しても同じです。したがいまして、破損した金具と同じ形状の代替金具は残念ながら現存していません。

金具取替には、お考えのように扉の穴を少し彫り広げる作業が必要となります。電動ルーターのような機械があれば簡単に彫り広げられます。ホームセンターでレンタル道具を行っている店があると、安価にできるのですが・・・。

そういうものがない場合は、ご自身で行うと彫刻刀のようなもので根気よく彫り広げなければなりませんので、修理屋さんに溝の上下をわずかに削ってもらう方がよいかもしれません。

同じサイズでも古い金具の場合、若干サイズ・形状か違う金具があるようなので、今回のようにはまらない場合が多々あります。

追加情報2015.7.4
早速の返信ありがとうございます。
家具修理の方と相談して追って連絡させていただきます。
7月 3, 2015 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply