TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

旧型アングル丁番について

S様よりお問合せ
お世話になります。 タンスのアングル丁番(20×20)が破損してしまいました。安田屋家具店ホームページを拝見したところ、旧型金具24mmが存在していたということなので、取り寄せたりする事が可能か確認致したく問合せをしました。

サイズ:20×20(旧型金具)
ご確認をよろしくお願い致します。

安田屋家具店よりご返信
破損した金具「20-20」サイズの旧型金具は、残念ながらすでに生産中止で現存していません。旧型金具で現存しているのは「20-15」サイズのみです。

「20-15」サイズ以外の「20-20」「15-20」「24-20」は、全て円形部分の長さは27mmとなります。それよりも小さいサイズはありませんのでご注意ください。

20-15-2 コピー

このような場合はどうしたらよいのか??
修理方法としては、扉にあいている穴を彫り広げる作業が必要となります。「電動トリマー」という電動工具があれば直ぐにできます。

ptools_3709 IMG_1987

彫刻刀などで彫り広げる場合は少し時間がかかるものと思います。 建具店や昔から続いている家具店などにご相談されると、電動工具を持っている場合が多く、穴加工作業ができますので、ご自宅近くの店舗に相談されることをお勧めします。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
5月 7, 2016 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

2 Responses to “旧型アングル丁番について”

  1. ひめの on 9月 16th, 2018 9:08 PM

    はじめまして!
    15-24を買いたいのですが、
    販売されてますでしょうか、

  2. 四代目 on 9月 17th, 2018 10:21 AM

    残念ながら代替金具も含めて「15-24」サイズの丁番金具は現存していません。「24-15」サイズは現存しているのですが、どういうわけか「15-24」サイズは生産中止で現存していないのです。

    金具が現存していない場合の修理方法は、現在主流のスライド丁番金具に取り替えることによって修理が可能となります。ただ「アングル丁番金具」から「スライド丁番金 具」に取り替えるという方法は、扉の丁番金具を全て取り替える必要と、扉に金具を取り付けるために彫り込んで あるカップの大きさが違いますので、彫り直しをしなくてはなりません。またどのタイプのスライド丁番金具を使用するか、
    取付方法についても専門的な知識と技術が必要になります。お客様自身での取替えは難しいので、そこはプロに任せた方が修理費用は安価で、確実に修理できるのでお勧めします。

Leave a Reply