TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

熊本地震による家具破損

現在安田屋家具店ネットショップ「Yasudaya-BASE」店では、岐阜市から実際にできる熊本地震による復興支援として、熊本県への商品発送費を7月31日まで無料にしています。どうぞこの機会にご利用ください。

先日、その熊本市内より地震被害によって下駄箱の吊扉が壊れてしまったお客様へ、吊り扉部品をお送りしたお客様より被害状況のお写真が届きました。あらためて熊本地震の甚大な被害を見て驚いた四代目でした。

熊本市 S様より
本日は吊り扉用部品を送付いただき、ありがとうございました。 30年ほど前の下駄箱で、熊本地震の2回目(4月16日)で扉が壊れたほか家全体に被害を受け、家の構造物、柱、壁、ガラス窓、食器棚などそのままの状態ですが、今日下駄箱の修理ができました。

DSC01694

大工さんなど本職でなければ不可能なもの以外は自分で少しづつ修復したいと思っています。今までトイレのロータンクを取り換えました。我が家を含め周囲はブルーシーツがいっぱいです。 インタ-ネットで情報を得ながら頑張ります。(75歳)

DSCF7872

家具修理のお役に立てて光栄です。 一日も早い復興をお祈り申し上げます。

7月 9, 2016 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply