TOPページ »家具リフォーム・修理 » 家具金物(扉用アングル丁番etc) » この記事

MD30-304丁番金具

O様よりメールで、食器棚の扉丁番金具に関してのお問い合わせがあった。

O様より
20年前に買った食器棚の扉の蝶番が壊れました。
買った店に確認したのですが、「部品はもう無い」との返事でした。スライド丁番でカップ径が30㎜です。(半カブセ、キャッチ付き)品番は MURAKOSHI MD30-304です。

s-IMG_0147 s-IMG_0150

ネット等で調べたのですが、廃番のようですし、30㎜のものもありません。代替品はありませんでしょか?お忙しい中、申し訳ありませんが非常に困っています。よろしくお願いします。

安田屋家具店からの返信
写真を確認いたしました。この金具はかなり以前に生産中止となりましたので、残念ながら現存していません。当時のカタログがありました。

noema金具

1年ほど前までは他工場で生産した代替え金具がありましたが、こちらの生産も中止となり、工場在庫もなくなったため、残念ですが現存していない金具となります。

安田屋家具店で工場に生産を懇願しましたが、生産地は中国理工場で、生産中止したため中国の工場ではすでに金型も廃棄してしまったため製造はできないとの残念な結果となっています。

金具が現存していない場合の修理方法は、現在主流のスライド丁番金具に取り替えることによって修理が可能となります。ただ「アングル丁番金具」から「スライド丁番金具」に取り替えるという方法は、扉の丁番金具を全て取り替える必要と、扉に金具を取り付けるために彫り込んで あるカップの大きさが違いますので、彫り直しをしなくてはなりません。

スライド5

またどのタイプのスライド丁番金具を使用するか、取付方法についても専門的な知識と技術が必要になります。お客様自身での取替えは難しいので、そこはプロに任せた方が修理費用は安価で、確実に修理できるのでお勧めします。

そのためには、ご自宅界隈の昔から続いている小規模な家具店、もしくは家具修理専門店にご相談され るとよろしいかと思います。アングル丁番金具をスライド丁番金具に取り替える修理内容はそれほど難しいものではありませんので、当店でもよく行なう修理方法です。

ただし今主流のインテリアショップでは修理不可能ですが、昔から続いている街の家具屋さんであれば、当然修理方法は知っておりますので、ご相談されれば「アングル丁番金具」を「スライド丁番金具」に取り替 えることはできるものと思います。 ご参考になれば幸いです。

O様からご返信
早々にお返事を頂戴し、ありがとうございました。

ご丁寧な回答内容で非常に感激いたしました。できましたら貴社のように親身に考えていただけるところに、修理もお願いしたいのですが、当方は大阪のため断念せざるをえません。

ご教示いただきましたとおりに、自宅近くの家具屋さんに相談させていただこうと思います。本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

8月 21, 2016 · Posted in 家具金物(扉用アングル丁番etc)  
    

Comments

Leave a Reply