TOPページ » 家具リフォーム・修理 » その他の家具修理 » この記事

歳のせいか・・・猛省!!

1960年3月19日に生誕した四代目。
そう、今年59歳となります。同級生は皆、還暦を迎えます。

歳のせいでしょうか、記事書き込み作業が最近おっくうになりました。・・・・、なんてただの言い訳にすぎませんかね。

日々の仕事に追われ、なまけ癖が付いてしまったようで、猛省です。今日から初心に戻り活動再開です。

2011年3月3日に東京警察病院にて、脳神経外科の河野道宏先生に執刀していただいた四代目の「聴神経腫瘍摘出手術」から8年目となります。手術が「東北大震災」の1週間前でした。手術が1週間後だったと思うとゾッとします。

大地震が発生した14時46分18秒、この時刻は四代目の頭に500円玉ほどの穴をあけて、聴神経腫瘍を摘出している真っ最中の時刻だったんですからね。そんな時に大きな揺れが何度も起こっていたら・・・・、ゾッとします。

四代目の2011年3月11日「東北大震災」体験記は、「3月11日 東京地震体験記」をご覧ください。

また8年前の四代目の「聴神経腫瘍摘出手術体験記」も合わせてご覧ください。

さて今回は飛騨・高山の工場が製作したカントリーデザインの食堂椅子「マッキンレー」のガタツキに関してのご相談についてご報告いたします。

岐阜市内のU様からのご相談
Dr.kitutukiで検索して問い合わせさせていただきました。
飛騨産業キツツキマークの肘置き付きウィンザーチェア を親族から譲り受けたのですが、肘置きにガタつきがあります。背もたれも少しだけガタつきます。修理していただくと、どれほどの費用がかかりますか? よろしくお願いします。

安田屋家具店からの返信
写真から肘部、ガタツキの程度が分かりませんが、通常ガタツキがある場合は、分解・組立修理を行う方法となります。

肘部、背棒、脚部の部材を全て外し、再接着をする方法です。これによりすべての部材が強度に接着固定されます。全ての部材を行いますので、現時点でぐらつきが出ていない箇所も再接着しますので、今後のぐらつき防止になります。

グラつく原因は、接着剤の劣化と木部材の木の縮みが原因です。1か所ぐらつきが出ていれば、将来他の部材もぐらつきがでる可能性がありますので全ての部材の分解・組立修理を行うのです。

費用は1脚税込14,500円です。ご自宅~当店~ご自宅までの往復の送料が別途必要です。岐阜市内、及び近郊であれば当店が直接お伺いしますので、お預かり・お届けの往復送料は無料サービスさせていただきます。

安価に修理する方法は、肘部材のぐらつきのみを修理する方法があります。肘部のみであれば恐らく1脚税込8,000円程度だと考えます。ただし背棒に関しては、1本でもぐらつきがある場合、1本だけ抜き取ることができないので、分解・組直し修理になってしまいます。

将来的なことを考えると、修理される場合は、局部的な修理よりも完全に修理する分解・組立修理をお勧めします。

U様からご返信
お返事ありがとうございます。詳しい説明で大変わかりやすかったです。是非オススメの全体の分解組立をお願いしたいと思います。岐阜市内であれば、取りにも来てくださるのですね!それはとてもありがたいです。ご都合の良い日に来ていただけたらとても助かります。

安田屋家具店からの返信
ご用命ありがとうございます。修理期間はお預かり後約1ヶ月です。ご連絡して椅子をお預かりにお伺いいたします。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
3月 10, 2019 · Posted in その他の家具修理  
    

Comments

Leave a Reply