TOPページ » 家具リフォーム・修理 » 椅子張替え » この記事

コスガ1185DCチェア張替完了

先日お預かりした今はなき工場、コスガ製のダイニングチェアー「1185DC」の背面籐シート張替、座面張替修理が完了しましたのでお伝えいたします。

背面は張替前と同じ「四ツ目編み籐シート」材を使用して張り替えました。

張替前

張替後

張り込んだ籐シート材は、無着色・無塗装の生地仕上げです。塗装仕上げを行うと、籐材を塗料が固めてしまうため、籐材の弾力性が無くなり、強度が劣化します。そのため極力塗装仕上げを行わないようにしています。

張替後

張替当初の籐シート材は白っぽい色をしていますが、年数が経過すると徐々にアメ色に変色していきますので、違和感はなくなります。ただ塗装色のような濃い色には変色しません。張替前と後の色の違いがよく出ています。

張替前

張替後

お客様に塗装仕上げをすると強度が劣化することをお伝えしましたが、張替前と同じようにしたいとのご希望でしたので、籐シート材にウレタン塗装仕上げを行いました。

張替前と同じようになりました。
塗装仕上げを行ったため、籐シート材の毛羽部分が塗料によって固くなったため手で触れると若干チクチクします。使用するごとに摩耗して毛羽部分はなくなります。

座面も依然と同じような布地で張替えました。

今回の修理費用は、
背面籐シート張替 1脚税込18,000円
籐シート塗装仕上 1脚税込4,000円
—————————————————-
背面籐シート張替合計 1脚税込22,000円

座面の張替は1脚税込7,000円。
接合部外れの再接合は1か所のみでしたので、税込4,000円のみでした。(価格は全て2021年5月時点)

往復の送料が必要ですが、今回は岐阜市近郊でしたので無料サービスです。

修理期間はお預かり後2週間でした。
今回の様な食堂椅子の背面籐シート材の張替、及び座面の張替をお考えの場合、ぜひ安田屋家具店にご相談ください。お見積り無料です。椅子の写真と張替部分のサイズをお知らせください。無料でお見積りいたします。ご相談お待ちしています。

この記事の内容が役に立ったら共有してね!
6月 22, 2021 · Posted in 椅子張替え  
    

Comments

Leave a Reply