TOPページ »四代目のつぶやき » この記事

USJ攻略法 我家の一日

神戸ポートピアホテルに宿泊した四代目一家。

家具屋の性格上、使用されているベットマットレスの工場確認をしてしまいます。

使用されていたベットマットレスは「フランスベット」製でした。
マットレス構造は、一般的なボンネルマットレス(連結コイルバネ)仕様でした。
やはりベットマットレスは、寝心地が快適なポケットコイルマットレスにしましょうよ。

朝6時に起床。6時30分からの朝食、7時50分発の直行バスに乗車します。窓の外は雨。「雨かぁー」と思いつつ朝食会場である30階のレストランへ。朝食は子供が大好きなバイキングスタイル。ハードな一日となりそうなので栄養をつけるためにもしっかりと朝食を食べます。

8時30分にユニバーサルスタジオジャパンに到着。
やはり今日は一日雨のようです。昨日全てのアトラクションを制覇していて良かった。今日はシアター系のショーを見る計画なので雨は関係ありませんからね。

まずは「シュレック4D アドベンチャー」へ直交。4年前には約2時間ほど並んだアトラクションでしたが、今日は待ち時間20分。雨は降っているものの屋根のあるところで並べたのでラッキーでした。ショーは約25分。ゆっくりと涼しいところで楽しみました。終了後は、一度も行ったことのないスヌーピーエリアに直行です。ここは屋内のアトラクションなので雨が降っていても全然問題ない場所です。

スヌーピー、チャーリーブラウンなどと一緒に家族写真を撮りまくりました。

そしてジェットコースター「スヌーピーのグレート・レース」に並びます。小さいお子様向きのミニジェットコースターですが、待ち時間は25分。いつもなら後回しにする魅力の小さなアトラクションですが、今日はたっぷりと時間があるので余裕で並びます。制覇後は、ゴムボートでパイプラインを下る「ペパーミント パティのスタント・スライド」に並びます。

このアトラクションは濡れるのを覚悟で挑みます。待ち時間は30分。子供はカッパを着て完全防備。四代目はカッパ無しでそのままの服装で挑んだところ、アトラクション自体では水はかからなかったのですが、座るところが濡れていてお尻がびしょびしょになりました。あっと言う間に制覇。子供はとても気に入った様子で後でもう一回乗ることとなりました。

有料アトラクションとして、スヌーピー・チャーリーブラウン・ルーシーと一緒に記念撮影をする「スヌーピーのフォト・オポチュニティ」を楽しみにしていたんですが、雨のため予定されていた時刻は全て中止。残念です。その代わりにスヌーピーたちが会場内に現れ、各自勝手に記念撮影タイムがスタート。四代目一家もここぞとばかりに撮りました。

写真も撮りまくったところで、雨の中、傘をさして移動。

「ユニバーサル・モンスター・ライブ・ロックンロールショー」開園の時間が迫り、急ぎシアターへ。待つこと約10分。静かで涼しい会場内に入り。のりのりのロックンロールショーがスタート。約30分間、ガンガンなロックンロールミュージックが流れ、子供よりも大人が楽しめるショーでした。疲れを癒すのにいい場所です。

シアターを出た後、新しいアトラクション「ウイケッド」ショーを見るために雨の中傘をさして移動。「ウイケッド」はオズの魔法使いをモチーフにしたミュージカルショーで、英語中心のショーなので子供には少々退屈なアトラクションのようで、途中から興味をなくしていました。四代目もついウトウトと舟を漕いでいました。早晩、なくなるアトラクションかもしれません。

今日は一日雨です。時折激しく降ります。
そのため野外のショーは全て中止。
楽しみにしていたマジカル・スターライト・パレードも中止です。がっかり。

でも気を取り直して、次のアトラクションまでの時間、たっぷりとお土産お買い物タイムです。いろんな人とのつながりを大切にするため、あの人この人用のお土産を選びまくります。全てのお土産店に入って全ての商品をチェック。両手で抱えられないほどのお土産を買って、園外のコインロッカーに預けるために一度ユニバーサルスタジオジャパンから外にでます。この時再入場できるように手にスタンプを押してもらいます。この頃雨は止み、強い日差しが降り注ぐようになりました。荷物を預けたら再入場。

ユニバーサルスタジオジャパンは映画セットがメインのテーマパークであるので、ゆっくりとパーク内を見物。すると路地裏でこんな写真が撮れました。スパイダーマンと記念写真。

また道路にはよーく見ると水で描いたキャラクターが・・・・。オドロキです。

アトラクション制覇がメインテーマのいつもだったら、こんな絵は見過ごしてしまうところですが、昨日全てのアトラクションを制覇してしまった翌日なので、時間と気持ちに余裕があり、見つけられるものです。

8月 6, 2010 · Posted in 四代目のつぶやき  
    

Comments

Leave a Reply